2012年2月29日水曜日

シーチャン島 代替船不振

トシさん・マサ君親子とシーチャン島沖に出た。
トシさんからは「遠くばっかり行ってないで近くのカワイイ釣りに行こう」と散々誘われていたのでね。
しかし出鼻を挫くかのように、頼みのキャプテン・タンの黄色い船が故障、名も無い代替船が来た。
船は北の岬を周り、西岸を500mほど南へ行った磯際にアンカーした。初の場所だ。
岸向きは荒い岩礁で根掛かりがひどく、沖向きはべったり砂地。
船頭が良型のキス連発、25cmぐらいのトッケイ・ハタも次々釣る。
トシさんの釣った一匹目はプラー・デーンの頭だけ。いきなりバラクーダにがぶりとやられたわけ。
魚は居るぞと思ったが、うねりが大きく、トシさん・マサ君はすぐに船酔いダウンしてしまった。
2回ほど磯際の場所を変わったが、状況は同じでアジ類がさっぱりだ。
昼に東岸に戻ったが、今度は全く餌もとられない。失敗だったか、帰ろうかと思った頃、マサ君の竿がギューンと曲がった。
マサ君、思わずお父さんに竿を差し出して「代わって!」→当然父は自分で釣れと拒絶(笑)
RIMG2292ryRIMG2295
右舷から艫を回って左舷に銀色の平たい魚体が見えてきた。やった、リュウキュウヨロイアジの51cm。
イトヒキアジに似るが、もっと魚らしい丸みがあり、背鰭の独特の「糸」が特徴だ。
シーチャン島でしか見ない魚、お値打ちだね。料理はおいしかったかな?
僕はキスやハタで十分なお土産を得て、その晩の出張者との会食に提供、えらく喜ばれた。
黄色い船が直ってアジ類がバンバン釣れる日にまた行きたいね。
place : Ko Sichang