2012年2月21日火曜日

シミランジギング ⑤キツネフエフキの部屋

RIMG2163 RIMG2184
底近くでの強いアタリ、大きな尾鰭を使っての強い引き。カンパチかと期待させるが弱るのは早い。
そんなキツネフエフキ。長すぎる口先はオレンジに染まり、その顔はキツネというより鳥を連想させるな。
近縁のハマフエフキが高価で取引されるのに比べて、こいつの市場価値は高くないらしい。
RIMG2196 RIMG2208
今回は4匹釣れた。TAIYOさんが73cmを2匹、僕が74cm、コウチャンさんが80cm。船頭も複数釣ってたな。
フエフキ類は、タイランドでは手のひらクラスの小型が唐揚の常連でお馴染み。
一方、沖縄ではルアーの主要ターゲットだし、日本各地で昔から磯投げの大本命だ。
英名はエンペラー、堂々と皇帝を張っている。一方日本語は笛吹って、ミュージシャン扱いになっちゃうのね。
決して外道ではない。僕は釣るたびにその立派で魚らしい魚体に感謝している。
place : Similan Islands / Thailand
fish : Long-nosed Emperor