2008年4月20日日曜日

仙さんとサメサン釣行、フエダイだ

2008.4.20の釣りのお話。
今日は仙さんと一緒にサメサン港からチャーター船で出漁してきた。
ドライバーのプラさんもお土産釣りに同行だ。
キャプテン・ルアンの船です。幅が結構あり、長さも15m以上でしょう。2階に休憩室もある。
さて、6時前に出船、サメサンの真南5km程の沖合いで開始。
キャプテンとクルー2人は「朝はでっかいチョンガーム(イトヒキアジ)が来るぞ~」と気合十分。
50ポンドワイヤー×2本針の仕掛を、僕が2本、クルーが4本投入した。
ところが、この大物仕掛が今日は全く駄目。チョンガームは今日がソンクラン休暇のようだ。
胴突小物を始めた仙さんは赤魚1匹であっさり船酔いダウン。プラさんだけがお土産の数を伸ばしていく。
タテフエダイ、プラーデーン、ヒトスジタマガシラ、コトヒキ、ハタ……。34cmながらコロダイまで釣るなんて。
うーん、大物釣りのあまりの不振に、たまらず僕も小物に走ってしまった。
横からコックのオンが色々料理を出してくれた。朝食がカオトム・ムック(イカ入りラーメンスープ味茶漬け)、間食がイカ刺し、
昼食がトムヤム・タレー(イカと赤魚のトムヤムスープ)&フエダイ唐揚。どれもピチピチ素材ですからなんと美味しいこと。
キャプテン・ルアンはサメサン真南→島周り→ラヨーン沖と狙いを変えるが、大物はどこにもいない。
満月の大潮だったが、潮が飛んで釣りにくかったのは海峡部だけで、他の場所は簡単に底取りができ、流されずに済んだ。でも駄目。
14時、やっと大物竿に魚信!……あかん、ウツボかいっつ泣)。そしてもう一発!またウツボかと思ったら、引くじゃん!
巨大な針を咥えて上がってきたのは、立派な尾鰭を持ったタテフエダイ51cmだった。よしよし、コレで何とか帰れるぞ。
DSCN1819fueDSCN1830
船酔い仙さんは復帰とダウンを繰り返し、殆ど釣果が伸びない。海は荒れてないんだけどなぁ、可愛そうに。
15:40納竿とした。大物仕掛が全くの不振で、キャプテン・ルアンが申し訳ないと言ったが、これは仕方ない。
サメサンは色々と可能性を感じさせる場所だね。船もサービス精神に溢れた良い船だし。仙さんには酔い船だったけど。
DSCN1823DSCN1829
次は5月の4日か11日に釣行予定。誰か一緒に行きませんか?
place : Samae San ~ Sattahip
fish : Red Bass, Painted Sweetlips