2007年10月21日日曜日

シーチャン島沖のアオリイカ

DSCN0502
2007.10.6の釣りのお話。この日は前にも書いたように波風潮ともきつくて魚が今ひとつだった。
そこでキャプテンは魚に見切りをつけてアオリイカ狙いに転じた。
場所はシ-チャン列島の最北端にあるコ・サンパンユという磯の前だ。キャプテンの釣り方はエギのダウンショットリグ、それも手釣り。
タイ製の糞エギを何度か船の真下でしゃくって、ニターっと笑うともう掛かっている。船べりで墨を吐かせてひょいっとバケツ行き。
私はそんなやり方でつれるかよ、という感じで普通にキャスティングするが、あっという間に潮に流されてダメ。
ダウンショットを真似て投げるとがっちり根掛でロストまたロスト。
キャプテンは「投げてもムダ、真下でしゃくれ」と言ってくれる。やっと釣れた。でも墨汁を大被弾、くっそー。
結局私が3杯釣る間に、キャプテンは15杯。完敗。
イカはいくらでも居る感じだが、胴長20cm前後と小ぶりだ。時期によっては大きいのが釣れるのかな?
ダウンショットリグ、舐めてました。エギのオモリを少しカットしてスッテのようにサスペンド状態にするほうがもっと釣れそうな感じ。
タイの糞エギ、舐めてました。布が巻いてなくて塗料べた塗りの「ヨーザリ(爆)」ブランド40バーツ。買わせていただきます、はい。