2011年12月22日木曜日

シミラン ⑦夕陽のGTキャスティング

2日目の夕方、ジギングで十分釣った我々は、船頭任せで浅場に移動した。そして船頭から「ポッピング!」の指示。
空いていた艫に入って見渡すと、あちこちにナブラが騒いでいる。遊んでいるナブラか?追われているナブラか?
場所は第3シミラン島の東沖だ。西に並ぶ列島に傾きかけた夕陽が眩しい。キャスト開始。しかし…
皆のポッパー・ペンシルに反応が無い。そんな中、僕のProkik Bigmouth 150gに巨大な水の盛り上がりバイトだ。
それを見ていた船頭が「来てる、来てる!」とハイになってるが焦らない。また来るってば。
そしてやはり大遠投にヤツは来た。ドバーンと水柱が上がり、遠投の時特有のぬおーんとした重量感でGTが掛かった。
合わせ、合わせと。魚がしっかり乗ったところで、終日休憩中のコウチャンさんを呼ぶ。「カメラお願いね」
「竿が曲がってない」とか文句を言われながらたくさん撮ってもらった。ありがとうね。
魚は右艫からみよしへ、そして左胴に回ってやっと取った。86cm。シミランのGTは細身なのに、なんて良く引くんだ。
RIMG1959RIMG1961
この後、舳先に移った僕に2回バイトがあったが、フックに乗らなかった。惜しいなぁ。
舳先をLeoさんに譲って暫くすると、Leoさんが「来た!」と言ってガンガン合わせている。
胴に下りようとしたLeoさん、タイランド産GTの衝撃に焦りまくって竿を持ったままズッコケてるし。大丈夫かいな(笑)
Leoさん無言でファイト。そして無事ゲット。僕のと同じ86cmのGT。「やっとタイでGT釣れた~!」と喜び爆発。
Leoさんのヒットルアーはマギーガーラのポッパーだった。
Leoさんはあまりにも嬉しかったので、用意していた決め台詞の「帰ろか!」を言い忘れたそうだ。
他のメンバーは、スレにスレたGTのルアー無視に苦戦。そしてそれを打ち破るに足る兵器を投入した。すると…
RIMG1968 RIMG1972
fish : Giant Trevally
place : Similan Island