2011年12月28日水曜日

シミラン ⑨願い叶って

帰る日、朝はキャスティングでスタートした。沖の浅瀬はダイビング船が居たので、それが去るまで待つ。
やっと空いた場所に入ったが、ナブラもなく全く食わない。禁断の島周りに侵入したけど、全員にノーバイト。
残念だが、危険を冒してまでキャスティングをするより確実なジギングをと、船頭に頼んで移動してもらった。
RIMG1987 RIMG1989
シミラン西沖、ジギングで再開だ。待ってましたとばかりTAIYOさんが魚を掛ける。また出た!超高級魚アカジンミーバイ。
そしてツムブリの86cm、マグロとTAIYOさんの勢いは止まらない。
RIMG1991RIMG1993
続いてイソマグロの群れと船が交錯したようだ。コウチャンさんとコウジさんが同型のイソマグロを上げた。
僕はデカいサワラを掛けてバラシ。続いたのも再びサワラでバラシ。消耗が続いた。
コウジさんは短くて軽いジグにトレーラーを付けて漁具っぽいジグ使い。これが効いた。
あっという間に赤チビキを11連発だ!青チビキもマグロも混じって止まらない。
前ではヨーンさんが赤チビキ6匹にツムブリと快調だった。
帰途は、転々とあるパヤオでのジギングを期待したのだが、船頭は早々と昼前に納竿宣言。あらら~。
あとは飯食ったりシャワー浴びたり片付けしたりと5時間の船旅をゆっくり過ごした。RIMG1990z
今回2日半の釣行の6人の釣果一覧がこれだ。全てルアーかジグで釣った。
赤の斜体文字で80cm以上の場合の型を記載している。
GT10匹はキャスティングで5匹、ジギングで5匹。カンパチ13匹中、半分以上の7匹が80cm超だった。
船頭や中乗りもGT数匹等結構釣っているがここには含めていない。
僕は今回のシミランが5回目。過去4回には満足しているが、客観的に見るとあんな遠くまで行って…という感じ。
しかし今回の僕は12種22匹、うち80cmオーバーが7種10匹と、驚くような釣果だった。自分の体重は軽く超えた。
他のメンバーも上々の釣果。長いことやってると、たまにはいいことあるよね。

魚種 TAIYO コウジ ヨーン コウチャン Leo リュージョン 合計
GT 2 98,93 1 83   4 1 86 2 81,86 10
カンパチ 2 3 89,88 2 88,82 1 1 87 4 85,83 13
ツムブリ 1 86 1 81 2        4
ヨコシマサワラ 1       1 90   2
カマスサワラ           2 100,110 2
アカチビキ 7 14 9  1 6 4 82 41
アオチビキ 1 2     1 1 5
ギンガメアジ 1           1
イトヒキアジ 1 95           1
ヒシヨロイアジ            1 88 1
オニヒラアジ         1   1
スマガツオ 1   1      1 3
マグロ 3 3       1 7
イソマグロ   1   1     2
ニジョウサバ   1   1 1   3
スジアラ 2 超高級           2
ハタ一般     1  2   2 5
フエフキダイ           2 82 2
スギ           1 90 1
バラクーダ         1   1
ESO   1   1   1  3
合 計 22 27 15  11 13 22 110

fish : Vermicular Cod, Rainbow Runner, Dog-tooth Tuna
place : Similan Islands