2011年12月15日木曜日

シミラン ④ジギングでGT

今まで画像の無いLeoさん。キャスティングで不発、ジギングでは赤チビキ4匹、二条サバ、バラクーダのみと不調だった。
そのLeoさん、ついにまともな獲物を掛けた。かなりの引きで期待したが、上がってきた魚を見て一同、「なんじゃこれ?」
GTっぽいがスリムで各ヒレが黄色、尻尾は爪黒。「マテアジの成魚!」とか心無い罵声を浴びつつも嬉しそうなLeoさん。
実際のところは、体型と黒点から、イトウオニヒラアジと思われる。72cm。
 RIMG1912m RIMG1907
続いてコウチャンさん。彼は平常時に奇声を発して注目を浴びるオオカミおやじなのだが、何だか静かに巻いてるぞ。
名物:肉ギンバルへの食い込み深く、ライトな竿が良く曲がっている。おおっGTじゃん!
コウチャンさん、PE2号・リーダー40lbの細めで両軸で獲るというのが今回のミッションらしく、カンパチとGTで見事達成だね。
この時、彼の中でケミストリーが働き、ジギングの方程式が解けた。これが誰も知らない深夜の暴走へと繋がっていくのだ。
RIMG1917RIMG1919
僕は250gジグでの一番落とし作戦を継続し、カンパチ73cmをゲット。調子は悪くないのだが、GTの前には霞んでしまう。
そしてそのGTがまたTAIYO隊長のジギングに掛かった。小振りのリールからラインの出が止まらない。
RIMG1921RIMG1923
皆が見守る中、時間を掛けて慎重に寄せ、ついに上がったのは98cmのGT。船内は歓声に包まれた。
ヒットしたのは、水性蛍光ペンで黄色く塗ったジグだった。
RIMG1929RIMG1927v
この日の晩、タイランドの海で皆が寝静まった後も、コウチャンさんは一人眠れずにいた。
外に出るとイカが船を囲みトビウオが跳ね回り、活性が高そう。既に中乗りが底近くにイカ餌を流してGTを何匹か釣っていた。
コウチャンさんがジグを落とすとフォールで一発で食った。GT74cm。さらに74cm、60cmと連発。サワラも掛けたが切られた。
こんな夢のような時間があったのだという。誰も見てないが、翌朝の冷蔵庫がGTだらけだったのは事実。
朝5時、トイレに起きた僕はコウチャンさんの囁きで事態を知ったが、GTの狂騒は終わった後だった。
慌てて出した僕の竿にはバラクーダかサワラが来てジグを噛み切っていっただけ。僕はすぐに釣りを諦めてまた寝た。
抜け駆けって有りかよとも思うが、立派な戦略の一つ。寝てて釣れるはずが無い。やっぱ人と違う攻め方って大事よね。
fish : Blacktip Trevally, Small-toothed Jobfish, Giant Trevally, Amberjack
place : Similan Islands