2013年4月28日日曜日

シーチャン島 アジングちいせえ

シーチャン島に魔寧蛇さんとヤジロベエさんと一緒に出かけた。
魔寧蛇さんは、日本から本格的なアジング用品一式を持ち込んで気合十分だ。曰く、
「弓角は掛かってもバレやすい」「弓角は小さいのが先に食う」「アジングならバレない、大きいのが食う」
真実かどうかは置いといて、本人がそれで盛り上がっているのだからよしとしよう。
日本のアジングなのでPE0.4号、リーダー0.8号、ジグヘッド2gとか、作りがちいせえちいせえ(笑)
ajing over
列島南端でキャスト開始したが、アジの群れが居らず、西岸タンパンビーチ沖に移動。
ここではアジング、弓角、ショットガン、餌釣り、どの方法でもアジが釣れた。だが型も群れもちいせえちいせえ。
アジングのタックルは極めてライトなので、アタリが良く分かるし掛けるプロセスが楽しいとのこと。
こちらから全く質問はしていないが、魔寧蛇さんによるアジングの解説は詳細を極めた(笑)。
でも向かい風は全然飛ばない、波があるとどこに着水したのか全然分からない、ワーム消耗が激しい等の弱点もあるようだ。
全般に魚群が薄く、ちゃんとしたアジングの実証ができなかった。今後の本人の努力に期待しよう。でも飽きっぽいしな…
RIMG1126 RIMG1135
一方、海釣りが久しぶりのヤジロベエさん、餌釣りでヨロイアジ、弓角でマブタシマアジと楽しんだ。
釣果は3人でマブタシマアジ18、マテアジ9、ヨロイアジ2、カンルアン8と極少。まあよい。誰の呪いかは分かっている。
帰還後は「白魚」で宴会。ヤジロベエさんはカンルアンの唐揚とマテアジのフライの旨さに驚嘆していた。
僕らには常識となっていても、やはり初めて食べるとビックリするだろうな、あの味は。で、ぜひアジ釣りに嵌ってね。
A-nSUjuZzRpZW15Sy6j3A-3Do0HxIm8qpS8XiTtpTvo 537897_523263991067257_606134695_n
で、新鮮なアジを食べるとこんなに元気になるのが、シラチャの日常だったりして(爆)
metal1metal2
place : Ko Sichang