2013年4月6日土曜日

3月シミラン・ジギング遠征 ②深場底潮速し

キャプテンは根を見つけると丁寧に船を立てる。どうも自分の釣り位置を最適にしている模様(笑)
おこぼれがあるかもと、僕はキャプテンの真横で釣っていたのだが、あまりのオマツリの多さに閉口して艫に退避した。
その頃から非常に釣り難くなった。風が強まって、船は一気に風下に流され、底潮は反対方向に速い。
ジグは1フォール目は何とかシャクれても、2フォール目移行は遥か前方に流され、上へのシャクリではアクションしない。
流されまいとジグを重くするが、結局流されて回収回数が増え、負担が大きい。そして釣れない。
RIMG4010 IMG_4649k僕のカンパチ69cm
僕だけは、艫に居ることを利用して潮上にジグを投げ、回収まで1セット3フォールを可能にしていた。
ある水深100mのパヤオでのこと、明らかにカンパチと分かる鋭い引き。メタルフリッカー200gで69cmをキャッチした。
掛かったカンパチに水面までもう一匹が付いてきた。居ることは居るが中々食わないのだ。船頭は粘った。
しかしパヤオ特有のトラブル;ロープ掛かりと歯物によるジグロスト;が多発して皆を悩ませた。
移動するとソナーに延々と続く水深100~120mの砂底。まれにある根は小さく、生体反応なし。
たまらずパヤオに行くとロープ攻撃、凶器攻撃で時間ロスと道具ロス。この繰り返し。
どこへ行っても底潮がビュンビュン速く、底が取れないこともあった。
RIMG3999RIMG4001狐笛吹82cm・カンパチ78cm
こんな状況で格好を付けたのはマヒマヒ大王コウジさん
昼にナガサキフエダイ良型、17時過ぎからキツネフエフキ82cm、GT89cmと連発して周囲を圧倒だ。
以前はライトなタックルで楽しんでたのに、今は500gでもシャクれる棍棒の様な剛竿を操るコウジさん。
でもGTを上げた時の後半のバテ気味を見ていると、そんな大男用の道具で大丈夫かなと心配してしまう。
RIMG4003RIMG4008コウジさんGTお疲れ様!
僕は夕方にカンパチ78cmを追加して切り上げた。こんな状況でカンパチ1日3匹はラッキーだ。
大カンパチを狙いながら不調にあえぐTAIYO隊長、ここで何とかGT70cmを釣って一安心だ。
釣れなくても楽しみはある。J2さんが釣りの合間に捌いてくれるマグロやカンパチの刺身、最高だね。
RIMG3991 RIMG4015J2さん刺身お疲れ様!
place : Similan Islands
fish : Amberjack, Long-nose Emperor, Giant Trevally