2013年4月16日火曜日

3月シミラン・ジギング遠征 ⑥船頭と僕を除く

最終日はシミラン諸島遥か南方から北東方向へ戻りながら釣った。
全員調子が上がらず、朝食が済んでも赤チビキ散発以外は殆ど魚信なし。
RIMG4099 RIMG4104ソガッポンさん78cm
ようやく9:30、狙った根でソガッポンさんがShoutのSTAYで一発目を掛けた。明らかにカンパチとわかる走り。78cm。
直後にミヨシで釣っていたつかちゃんにもヒット。これは68cm。皆自分のジグにも来いっと気合のシャクリを続ける。
しかし船はポイントから流されて離れ、立て直しての投入ではもう何も食わなかった。釣れないと疲れるのよね~。
10時過ぎ、僕の7seas250gにドスンとアタった。惚れ惚れするようなランが2回。それをかわして慎重な巻上げ。いい引きだ。
ソガッポンさんがカメラを構えてくれたとたん、スッと軽くなった。痛恨のフックアウト。あ~、いい型のカンパチだったのに。
RIMG4106t RIMG0882トリプルヒット、船頭泣きそう
11:20、この時の根は賑やかだった。並んで釣っていたタカシさん、つかちゃん、TAKAHIROさんのトリプルヒットだ。
全員が一度に釣れる「カンパチ祭り」が無かった3月の遠征では、唯一の同時に数が揃ったシーン。え、GT?何か(笑)
我々の真下100mにある岩礁の潮上側に待つカンパチの群れを、3人のジグが同時に直撃したと思われる。
TAKAHIROさんGT67cm、タカシさんカンパチ70cm、つかちゃんカンパチ63cm、横で釣れない船頭(左端)の寂しげな顔。
RIMG4109 540012_629432383750067_446631728_n いもやんさん81cm
12:00、左舷前方のいもやんさんの竿が大きく突っ込んだ。カンパチの豪快な走り。そして手元まで曲がる軟弱(笑)な竿。
これは魚をリフトできないのではと思った。危なかったが、船首サイドチェンジして81cmのカンパチをキャッチだ。
RIMG4111 RIMG4115 タカシさん91cm
終盤近く、もう駄目かと思われた12:40、右舷前に居たタカシさんの竿に強烈なヒットだ。魚に付いて艫まで回り込む。
大きな体に細い仕掛で慎重なやりとりのタカシさん。時間を掛けてドバーッと浮いてきたカンパチは91cm。ナイスファイト!
タカシさんは殆どの時間スロージギングなのだが、状況を見てスピニングでのワンピッチジャークにスイッチ。判断が鋭い。
本人によると腕をポンポンと叩いて「デーウーの差」とのこと。皆、拝んでおくように。
これを最後に昼食・納竿となり、5時間の船旅でカオラックに帰港した。
この日カンパチ・GTが釣れなかった船頭は、同じ状況の僕との別れ際、「俺とお前だけだ」と握手を求めてきた。
これで船頭とソウル・メイトになったぞ。魂の繋がりのことを言ってるの。現象としてのボウズ・メイトじゃないからね(笑)。
RIMG4127 RIMG4132 海陸の家路
place : Similan Islands
fish : Amberjack, Giant Trevally