2013年5月1日水曜日

Speed BoatでモルディブGT ②出た、しかし暑いな…

初日午後の北マーレ・アトール西岸アウターは芳しくなかった。結構粘ったのにバイト皆無。
午後はコウジさんダウン。まあいつものことだが「最初飛ばしすぎた」「来る前に風邪ひいたのがいけなかった」とのこと。
しかし今回は違ったらしい。後で分かったのだが、コウジさんは本格的な熱射病だった。だがこの時は知るよしもない。
西岸に見切りをつけたキャプテン・モホちゃんは、朝イチのポイントへ一気に戻った。リヒベリとトゥラギリ、両リゾートの間だ。
まずは僕。何とか1匹目をと、モルディブで必殺的効果を出してきたローデッドを投入。ピンクだけどね。
キャスティング時のボートの進みがスローなので、ペンシルにも教科書どおりのアクションを与えることができる。
すると14:20、ドッカーンと大水柱が出た。フロントだけに5/0を付けたローデッドのピンクが仕事してくれた。GTの104cm。
555941_590096654336356_970447588_n551512_590096724336349_22971742_nGT & YAMARIA LOADED
釣って思ったのだが、Speed Boatは取り込みが容易い。スルスルっとボートを魚の場所に寄せるので、巻上げ負担が軽い。
サファリボートの場合、魚が走ろうが潜ろうが構わずかなりのスピードで前進する。最悪の場合、艫で座布団釣りの状態。
この違いは大きい。大型のGTを釣ろうと思えば、掛けてからのファイトについてはspeed boatの方が相当有利なはずだ。
このポイントはその後も活性が高い状況が続いていた。しかし コウジさんはダウンしたまま。とにかく半端なく暑い。
朝から完全無風のベタ凪。走行中以外は地獄。ずっと太陽が真上。濡れ雑巾を絞るように汗が流れ落ちる。
コウジさん、そんな中で半袖短パン首丸出しの格好だからな…。僕は暑気対策として、極力日光に肌を露出しない。
襟付き長袖、長ズボン、手袋、靴下、首から顔の横までぐるりとフードの付いたハット、サングラス。
日光に当たるのは頬から顎と指先だけ。暑いようだが逆。砂漠を歩くアラブの民の格好を見れば合理的なのは当然だ。
この日は納竿までに4リットルの水分補給を繰り返すも、おしっこゼロ回。代謝に大きな負担が掛かる状況だった。
RIMG0919RIMG0926GT 124cm
コウジさんの道具も一緒に休憩。カーペンターのロッドにステラ20000、GTγ。キャプテンがコレを使った。
舳先に立って瞬間的な唸りを発する鋭いキャストで遠投。120gのGTγが90から95mは飛んでるな。すると食うんだ。
僕と子泣爺さんが後で中距離で投げていても食わないのに、キャプテンの遠投&クイック・トゥイッチにドッカーン。
客の竿なので「巻かせろ」と交代してもらうのだが、コウジさんは体調不良と自分で全部やるべきという信念から拒否。
ファーストランが終わった時点から子泣爺さんがファイトを担当した。何度も走るので「こりゃデカイ!」と驚く子泣爺さん。
しかしボートの寄せと強めのハイエンド・タックルの威力は釣り人に負担を強いず、難なく大きなGTが浮いてきた。
124cm。ナイスサイズ。歓声が上がる。続いて同じくキャプテンが掛けた。これも子泣爺さんが軽々と上げてGT84cm。
最後は同じくキャプテンの69cm。「さっきのと比べて全然引かない」と苦笑する子泣爺さん。この3匹は30分間に来た。
あと1時間ほど頑張ったがノーバイト。まだ日の高い16時、フルマーレの港に戻った。
RIMG0929RIMG4151 Le Vieux Nice Inn
宿で汗ビショの衣類を洗濯、休憩。日が落ちて食事に出ると、暑い昼間に誰もいなかった町が人だらけ。君らも暑いのね。
この日は綺麗なレストランで夕食。アルコールは無いが、朝トースト、昼カップ麺という貧食を一気に挽回できて助かった。
町での買物に不自由は無し(酒以外)。イベント一巡して色んな状況が分かり、不安は解消した。釣りをもっと頑張らねば。
place : North Male Atoll, Maldives
fish : Giant Trevally