2013年5月12日日曜日

サメサン 良型チェガーム登場

サメサン沖にキャプテン・ルアンの船で出た。ヨーンさん、triphopさん、J2さん、コウチャンさん、大さんと僕。
全員餌釣りではなく、ジギング。スローだのマイクロだの各自好き勝手な手法で攻めることとした。
最初の場所は水深約50m、アンカーを打った。しかし潮が速くて潮下にジグが流され、2フォールで一同めげた。
ドテラ流しに変更してもらい、実質的に釣り開始。しかしどこまで流せども完全な砂底が続く。アタリ無し…。
全員閉口して「根のあるところで流して!」とキャプテンに要望、サンチャラーム島の2km先まで大きく動いた。
ここでヨーンさんがタチウオをゲット。「嬉しい」と魚を見つめて写真を撮るヨーンさん。これが幸運の始まりだった。
11:00、海底の根の近くを流しているはずの船の艫の前方に、海面が丸く鏡になっている部分が見えた。
コウチャンさんと僕は「湧昇流だ。ポイント接近!」と期待を持った。しかし神がチャンスを与えたのはヨーンさん。
大きなアタリに手元まで竿が絞り込まれた。「何だ?デカイ!」と艫で身を乗り出してファイトするヨーンさん。
ギャラリーからは「チョンタレーだろ」「チョンガーム?」など期待の声。竿は細く魚は力強い。何度も突っ込んだ。
408492_459741730781738_1784901084_n RIMG4333 
円を描いて浮いてきたのはチェガーム(ホシカイワリ)だ。それも良型84cm。お見事!一斉に羨望の歓声!
シャム湾では希少性・食味・引き全ての面で最高峰の対象魚だ。ジグはスロー・スキップの銀/グロー130gだった。
RIMG4334o0480036012537467429
この後は全員休まずにシャクリ続けたものの、ハタ・フエダイの小物中心の地味な釣果が続き、16:30に納竿した。
目立ったのはコウチャンさんのキュウセンフエダイと70cmのカライワシ。ともにPE0.8号に40gのマイクロジグで。
RIMG4337RIMG4340

今回はヨーンさんが「妻が一時国のため寂しさを紛らわす為」に企画した釣行だ。企画・監督・主演男優賞だね。
あとのメンバーは貧果に泣いたが、ヨーンさんのドラマを見せてもらったので、次こそはの思いで帰途についた。
キャプテン・ルアンによると、ここのところチェガームはよく釣れており、先週は1日4匹釣ったこともあると。
但し活イカ泳がせで。ジギングではこの日のように潮が速いと難しいだろうとのこと。うん、餌釣りがいいな(笑)
RIMG4343RIMG4348
place : Samaesan
fish : Golden Spotted Trevally, Stripey Seapearch, Giant Herring