2011年5月31日火曜日

帰省散財

この週末は3日だけ帰省していた。
まずは妻の嘆き=5年前に買った家のパソコンが超スローになったこと、を解消せねば。
中身を見ると、皆がいじり倒してウイルスソフトやらブラウザやら何種類も入ってる。あのな~(ー_ー)。
綺麗に掃除しても限度があるし、OSも古いし、そろそろ買い替え時だろう。
近所のミドリ電化に行って愕然。もう時代はデスクトップを要求としてないのね。
ノート型か地デジのテレビ一体型のどちらか。大体15万円前後。う~む、要らんな…。
ごく少ない選択肢の中から、デスクトップ本体だけを6万5千円で購入。マウスコンピューター社の日本製。
i5-2400、メモリ:4GB、HDD:1TBって今の中級機としては十分。5年前から見たら神の性能だし。
息子がVAIOのテレビ一体型機を持ってるから、家族用はこれで当分しのげるだろう。
お持ち帰りして、せっせとデータ移行した。おおっ、これは凄い。サクサク快適。
次。釣具屋さん。自分的にはタイランドでシーズンオフなので、補充を少々しただけ。
サトゥンで主力のヤマリア・ポップクイーン13cmとか、タイに無いTacklehouse・フィードポッパー30gとか。
次、本屋さん。前回帰省の正月から今までに出たSOLT WORLDの直近3巻をどどーんと買う。
あぁ、僕の乗ったモルディブの船とか、学生の頃に2回行った青ヶ島とか出ててるよ。ちょっと感激。
福井晴敏の「月に繭地には果実」を3巻。この前読んでたトム・クランシーから兵器オタ繋がりでね。ガノタじゃないよ。
次、家族で映画「ブッダ」を見た。何と3部作の1つ目、若い頃の話だけ。だが壮大にして実に深い。続編楽しみだぞ。
次、HMVでアーチ・エネミーの新作「Khaos Legions」。これもポップカルチャーかいっ。少しは仕事の勉強せなのう。
次、JiNSという安い・早いの眼鏡屋さんで近視用を新調。弱め弱めに作ったのにやっぱり近くが…。年無しは辛い。
次、娘のカホにせがまれて籐のカジュアルバッグを支援。もうすぐ14歳か。すっかりオネエサンになったな。
RIMG1217t
次、山形牛一頭買いとかいう焼肉屋で家族夕食。やはり日本の肉は素晴らしいな。食べた分、確実に太ったぞ。
最後、欧州CL決勝のゴールシーンダイジェストを息子コウキが見せてくれた。メッシ凄すぎ、彼は人間ではない。
台風の嵐は何とかおさまり、関空から夜行便でバンコクに戻ってすぐ仕事。
ああ、戻ってきてしまった。禁句の仕事ネタ、実は最悪な状況に追い込まれている。
行きも還りも飛行機でずっと聴いていたブルース・スプリングスティーンのThe Promise。
繰り返し語られるのは、夢。約束。挫折。諦め。雷鳴の道。代償。行き詰まり。
通常彼は、同じ歌の中で、または別途、そこからの救済や再生や誓いを歌い上げるという展開があるのだが…。
もう、だめかもしれない。