2011年5月14日土曜日

ブロン島に泊まって釣る ②フリーズドライ

バンガローでの宿泊は、夜に強い雨が降って気温が下がったので快適だった。
思えばブロン島に泊まったのは初めてだ。今まではパクバラかタルタオ島、沖に出ればアダン島やリペ島だった。
ブロン島の方が、入島料が無い、料理が美味しい、お酒が買えるなど、メリットが多いな。釣れれば言うことなし。
6:00過ぎに入り江で寝ていた船頭とビーチで落ち合って出船、ブロン・キノ島から投げ始めた。
丁寧に島を一周して一周投げてみたが、前日と同じ不調でコウジさんのプラー・モン1匹のみ。キノ島のばかっ!
次はブロン・レ島の西磯から北面を攻めた。島の北側では、随分沖まで広がっているリーフのエッジを狙ってみた。
するとコウジさんと僕のポッパーに激しいバイトが有ったが、ともに乗らず。初めて場所での試み、惜しかったな。
続いてボートは島の北沖にあるヒン8の南端に付けた。おぉ、ここに居たのか!ベイトフィッシュが逃げ惑っている。
RIMG1180RIMG1181r
コウジさんが7seasのポッパーでいきなりプラー・モンを釣った。続いてLeoさんは大水柱バイトをスカ振り。
僕は皆と反対の沖向きにラッキーのミノーを投げて、プラー・モンをキャッチ。
それを見たLeoさんも沖向きに投げてヒット。後ろに倒れこむオーバーアクションで大きく竿を曲げるがフックアウト。
魚の気配は濃厚なのに、釣れるのは少ない。ようやくヒン8を2週目の最後、南端のナブラでLeoさんがラー・モンを釣った。
RIMG1186RIMG1187
時合いかと思われたが、昼食とコウジさんの産卵行為で釣りは中断。これがいかんかったな。
戻ったヒン8でも次のブロン・ドン島でも、バイトだけで魚が全く乗らなかった。
総じて静かで釣り易いがバイトが少ない。バイトはあっても全然乗らない。こういう日に当たってしまったということか。
クールダウンどころかフリーズドライ釣行だな、こりゃ。
サトゥンが初めてのコウジさんに、ここの真価の一部しか感じてもらえず、ちょっと残念。いや産卵で自爆としておこう。
そうそう、スレイマン船頭が自分もキャスティングをしたいから日本で道具を買ってきてくれと言い出した。
ソナーも購入してたし。「これで未開拓の島回りの隠れ根周りも狙える、行こうぜ」と意欲的だ。19歳の新妻も娶ったし。
毎週でも行きたいような場所なんだけどな。でもこれから海が荒れるしな…
place :Ko Bulon Le / Satun Province, Thailand
fish : Giant Trevally