2011年5月20日金曜日

バンプラ キス仕入れ釣行

GWは日本からタイランドに沢山プライベート旅行のお客さんが来て、会食もある。
その小宴にキス料理を出そうと、バンプラ沖に出掛けた。同行はGT帰りのコウジさん。
市場で餌のエビを1kg買って、潮の引いた桟橋から朝8:00に出船。
真沖ではじめるが、快晴無風に潮も動かず、テカミが食うだけでキスが居ない。
そんなこんなで10:00まで殆ど釣果無く、この時期のバンプラは駄目っと帰りそうになった。
ぐっとこらえて北のクリスタルベイ沖のエリ周りに来ると、俄然アタリが出始めた。
キュキューン!これよ、これ。キス釣りはこうこなくちゃ。
待ってました一投一匹になったと思いきや、網やら岩やらの障害物とフグが多く、消耗戦へ突入。
欲張って普通のオモリの代わりにタコジグ付けたのも全損頻発の原因だったのだが…。
自分はお針子さんかと思うぐらい、せっせと僕とコウジさんの切れた分のハリを結ぶ。
だってコウジさん、キスの針が「見えない」んだもん。GTのやりすぎちゃうん?(笑)
この日、型は20cmに達するのは居なかった。モトギスとホシギスの比率は60:40ぐらい。
魚信が来ると、コウジさんは特有の「う」とか「お」とかの小反応。釣り上げると「キスもいいですね~」
無風状態は昼まで続き、いくら水分をとっても全部汗で出てしまうほど暑かった。
14:00頃、雷雲が迫って音が大きくなってきたので、安全を考えて納竿した。
RIMG1191RIMG1192
片付け中、コウジさんのボンベ式ライフジャケットがボンと膨らんだ。雨も波も被ってないのになぜ?
調べてみると、炎天下でコーラの缶が破れ、ボンベのセンサーに漏れたコーラが滲みて作動していた。
ビールの買えない時間帯に7-11のお姉さんに断られ、コーラという慣れない物を買ったのが実にいかん(笑)。
キスは船頭の分も入れて3人で130匹ぐらいと、今までの最貧果だったが、贅沢は言うまい。食材としては十分。
コウジさんはバンプラから車でバンコクへ、僕は分かれてソンテウでシラチャに戻った。
家で100匹の鱗・頭・腸を全部取ってから、居酒屋「日本海」に持ち込んだ。
お目当てのお客さんを迎えての小宴にて、キスはてんぷら・フライとなり完食・成仏。いや~旨かったな。
このシラチャ近郊のキス釣りが、なぜタイランド在住の日本人の釣人に普及しないのか理解に苦しむ。
東京湾や相模湾のキス乗り合いって、凄い人出のわりにそんなに釣れないでしょ?
そのことを思えば、こっちの方がずっといい。概して良く釣れるし、のんびりしてるし。
晩にコウジさんからメールが来た。「キス旨し!でした。」
place : place : Bang Phra
fish : Trumpeter Whiting, Northern Whiting