2011年6月2日木曜日

モルディブGT遠征 ⑧投げ抜いて

キャプテン・アフは朝から活性が低い東岸を見切って、大環礁内を横切り、北マーレ環礁の西岸に出た。
到着時、すでに時間は14:00。最終日の午後も残りは少ない。
しかし大移動の成果あって、皆で投げ続けるとバイトが出だした。
ルーフトップのGATAさんから「今カスミアジがいっぱい追ってたよ~」と声が掛かる。
Leoさんは、それまで余りにも掛け損ないやバラシが続いていて、全然余裕が無かったそうだ。
そのLeoさん、カーペンターの大きめのポッパーに替えると突如GTが食った。ガツンと合わせも決まった。
随分近くまで寄せてリフトに入り、周りからは貰ったも同然と見えたが、本人は「バレるかも~」と弱気発言。
その次の瞬間、本当にLeoさんの魚は去った。余裕が無いと運も無いのか。海は時として非情だ。
RIMG1143y RIMG1150k
一方、「俺も膝乗せ写真が欲しい」というコウジさん、ローデッドでGTを掛け、「巻けない~」と呻きながらゲット。
「そのサイズなら手だけで持てるやん」の声もどこへやら、コウジさんGT膝乗せを強行。あらら、様になってるじゃん。
RIMG1154rRIMG1151y
僕は2バイトを掛け損ない焦った。そこで傷だらけで引退済みのPROKIK_Bigmouthを再投入、遠投作戦に出た。
暫くするとキャプテンから「場所チェンジ」の指示。「今投げたばっかしなのに~」と不平を言うとその瞬間ドッカーン!
「食った~!」着水してすぐのPROKIKが瞬時に仕事をしてくれたわけ。巻くのがめちゃ遠かったがGT92cm、よしよし。
移動先では、ルーフトップから投げていたコウジさんがGTを掛け「誰か助けて~!」
クルーが艫でリーダーをキャッチしてコウジさん無事GTゲット。
僕とGATAさんが派手なバラシで続いたが、最後の最後、僕の遠投に97cmのGTが来てくれた。これで10匹達成。RIMG1139g RIMG1127 
いつまでも続けたかったが、終りの時間が来てしまった。
全般にバイト数が少なく釣果は伸びず、楽しくも苦しい釣りだったな。4日間、延べ16人日でGTは23匹。
全員がGTをゲットしたのは3日目だけで、あとは毎日4人中2人ずつがGTボウズという厳しさ。
とにかく投げ続ける。そして掛けたらバラさない。コレができればもっと数は伸びたのだが、本当に難しい。
place : Northern Malé Atoll, Maldives
fish : Giant Trevally