2009年3月31日火曜日

ヘタレリール TICA TEAM ST16 復活なるか?

昨年9月に買ったST16という30ポンドクラスの両軸リールがある。→参照 : 新兵器購入TICA TEAM ST16
前回のサトゥン遠征で、サワラのファーストランを受け止めきれず、謎の故障(スプールがロック)をしてしまった。
思えば、ヘタレた釣暦のリールだ。上記以外にも下記のようなバラシが…
昨年11月、サメサンでメートル級のプラーチョンタレーを掛け、目の前まで浮かしながらラインカットでバイバ~イ。
今年2月、タルタオ島でメートル級のサワラを掛けながら、船頭のギャフ入れがしょぼいうちにフックアウトでバイバ~イ。
良型の魚と出会う所までは上々なのに、悉く取れないという、アンラッキー・へタレ。
DSCN3144
今回のスプールロックの故障、分解してみて驚いたね。心配してたメインギアやドラグはピンピンしてる。
何と、塩水侵入防止のガスケット(パッキンみたいなやつ)が、スプールと本体の間に挟まってロックしたのだ。
画像の右下側、スプールと本体との間から、黒いゴムがニョロニョロと見えるでしょ。これがガスケットの残骸。
サワラのファーストランで、この輪状のゴムが遠心力で膨張、本体に接触し、摩擦で引っ張られて
あらぬ場所に食い込んでしまった、というのが実情だろう。そもそも高速可動部にガスケットなんて設計ミスだな。
こんなガスケット要らん。塩水の飛沫がいくら入ろうとも、毎回綺麗に中まで掃除してやるからな。
よし、直ったぞ。今までのヘタレの汚名を、次回釣行で一気に払拭しておくれ、待ってるぜST16。