2009年3月1日日曜日

サメサン沖 久しぶりのイトヒキアジ豊漁

2009.2.28の釣りのお話。
ジグ師YOSHI~さん(ヨッシーと読むらしい)、磯師Noriさんとサメサンに行った。募集したけど希望者皆無だった例の企画だ。
GATAさんとそのお客さんご一行6名様も一緒に、キャプテン・ルアンの1号船で6:30出港。
ほどなく船は、比較的近場、バン・チャン沖数kmの何の変哲も無い砂底の場所にアンカーした。
GATAさんご一行は船の前部で小物狙い、YOSHI~・Nori・リュージョンの3人は艫で大物狙いと分かれて開始した。
潮はサタヒップ方向から来てラヨーン方向に流れ、「今日は食うぞ~!」とキャプテン・ルアンが気合を入れる。
3人分のイカ泳がせ仕掛を並べ、小物釣りをしながら待つこと暫し。
DSCN2965y DSCN2975
チョンガーム(イトヒキアジ)のお出ましだ。
ガツンガツン、というイカを飲み込むアタリ。それっと竿に飛びつく。合わせが決まるとギューンと走る。
これを耐えると、海底から円を描いて銀色の魚体が浮いてくる。いいね~!
DSCN2983 DSCN2988y DSCN2981n
これを3人交代でやるのだが、「俺に巻かせろ~!」と竿を奪い取るYOSHI~さんには爆笑。
釣れたチョンガームは51cm~63cm。うち60cm台は3匹。大型は姿を見せなかったものの、午前中はアタリが途切れず、結構忙しい。
タイランドでの釣りが初めてのYOSHI~さん、「いや~、釣れるんだね~、楽しいねえ!」を連発だ。
少し仕掛を変えて、プラー・インシー(サワラ)やプラー・チョーン・タレー(スギ)も狙ったが、バラシ3発(ToT)。
DSCN2986y DSCN2992s DSCN2993s
午後は潮が止まって殆ど食わず、お土産のハタやフエダイを追加で釣って、14:45に納竿とした。
写ってないのも入れて、3人でイトヒキアジ11匹、バラクーダ2匹。ぷは~っ、久々に釣って、クーラーメチャ重っ。
GATAさんグループは、午後になると子供さん達が飽きちゃったみたいだけど、楽しんでもらえたかな?
ともかく皆様、遠方よりお疲れ様!
place : Samaesan~Sattahip
fish : African Pompano, Barracuda