2009年3月26日木曜日

サメサン 激流に沈黙

2009.3.28のfishingのお話。
サメサンのキャプテン・オンの船で6:00に出港。tokuhainさん、ミーさん、小泣爺さん、Mさん、リュージョンの5名だ。
キャプテン・オンは、出る前から「潮が速い、イカがでかすぎる…」とブツブツ。
さて、行きがけに、サメサンにもサワラが居るだろうと、マグナムラパラを2本曳いた。小泣爺さんもタコベイトをヒコーキで曳いた。
だめじゃ~。アタリ一回も無く、コ・サンチャラーム(鱶鰭島)に着いてしまった。
さあ、餌釣り。小泣爺さんと僕が艫で、tokuhainさんが右舷で大物仕掛を出す。ミーさんとMさんは小物専任、tokuhainさんは両刀だ。
ところが、ものすごい潮流。仕掛が着底しないじゃん。お祭りが多発するし。
チョンガームやプラーチョンタレーといった主要対象魚は一切出ず、バラクーダに仕掛をぐちゃぐちゃにされたり切られたりするだけ。
その後、4箇所回って、小物釣り部隊はコロダイやハタで何とか数を伸ばし、各自の用意したクーラーをほぼ埋めた。

DSCN3140 黄色がキャプテン・オン
しかし、大物仕掛は、唯一小泣爺さんがヨコスジフエダイの40cmオーバーを釣っただけ。
最後のマタプット沖のチョンガームポイントで小泣爺さんの竿に一発来た。
横に居た僕がそりゃーっと合わせたがスッポ抜け。小泣爺さん、申し訳ない。端っこ咥えてただけで、飲み込めなかったのかな。
キャプテン・オンは言った。「今日は月令3日の大潮。潮が速いのは分かってた。潮のゆるい時においで」と。
Kさんご一行を乗せた僚船キャプテン・ルアンのほうも、チョンガーム1匹とコロダイ程度だったそうだ。
ああ、これで湾口釣行2回連続丸ボース食らってしまった。辛いねえ。
最初のトローリングが駄目で、餌の第一投が激流で飛んでいった時点で挫けちゃった一日だった。
同行していただいた皆さん、一日中釣り難くてごめんなさいね。
次から大潮の日は予約しないと誓った。
place : Samaesan ~ Sattahip