2009年4月2日木曜日

別れ Long Farewell② おばあちゃんから孫への手紙

関連ページ → 別れ Long Farewell

航起ちゃん
元気ですか。もうすぐ桜が満開になります。よい季節になります。
3月30日(月)とてもお天気のいい日。
亀は朝から庭を歩き回っておりました。芝生がみどり色になって きれいな花がいろいろ咲いていました。
お昼ごろ 横浜動物園の亀飼育担当の人(若い、40才くらいの人かな)がまっ白いトラックでやって来て
30分くらい亀と遊んでから大きな箱に入れて行ってしまいました。
亀はびっくりしたような顔をして黒い目をハ゜チハ゜チして悲しそうでした。
「今 日本には11匹しかいません。この子を加えても12匹。しかも繁殖は失敗してばかりです。
 動物園では こんな元気な亀に来てもらえて 嬉しいです!!」
何度もそう云いました。それと「よく今まで盗まれなかったですね。」と感心し、
自分がいままで見てきたマダガスカルホウシャガメの中でこれほど美しくて立派で大きくて
その上筋肉の発達のすごいのは見たことないと云いました。
庭中 羽が生えたみたいに走りまわっていたから、筋力の発達したのも理解できるというものです。
2009.1 TDL 091
けれど おばあちゃんはさみしくなりました。
お天気のよい日 庭をあっちにいったり こっちに行ったり歩いているカメを見ているとのどかで平和な気持ちになりました。
ああ一つ云い忘れました。
飼育係さんは亀のこうらをなでながら
「お前こんなにいい庭に住んでいたのか。動物園の亀舎はせまいぞ。わるいなあ」
申しわけなさそうに何度もいいました。
ママ、佳帆ちゃん元気でしょうか。
よろしくお伝え下さい。亀のことも話してあげて下さい。
おばあちゃんはコップに半分くらいの涙が出ました。
亀1匹いなくなるのがどうしてこんなに悲しいのだろうと不思議なくらいでした。
航起ちゃん 三年生になったら とても いそがしくなるでしょうね
体大切にして下さいね。
                            さようなら
               3月31日    おばあちゃんより