2009年11月26日木曜日

SRIXSONのギャフ

DSCN3752
これは t-defectorさん の会社で作ってもらったギャフ2号のステンレスヘッドだ。作りがとてもいいんだよね。
ギャフ1号同様、パクバラの船頭にプレゼントしたものだ。当初は鋼管製の柄に挿入して外側からネジ止めされていた。
半年後、薄い鉄の柄は海での使用に耐えられず、錆びて折れそうになっていた。
柄を付け替えるため、10月に釣りに行った時に回収してきた。
うちの会社のエンジニアに頼んで、柄を外して背面を平らに削ってもらった。あらら、おまけに面取りやサンドブラストまでしてあるっ。
ここからは僕の作業ね。新しい柄は、海に落としても浮かぶように木にしようかな?いやいや、全面改造してみよう。
ジャーン!世界初、SRIXSONのギャフの誕生だ。
DSCN3768DSCN3769
何のことはない、木の根っこを強打して折れたSRIXON_5番アイアンのカーボンシャフトにギャフヘッドを装着したまで。
しかしね、凝るところには凝るよ。Mr.DONの13ftのシーバスロッドのバット部分を切断、印籠継でSRIXSONと段差無しに繋ぐ。
印籠継にする必要性とは何か?全然ない。径が同じだったからカーボンインサートで繋いだまで。 でもかっちょええのよ、これが。
ヘッドの装着は、平らに削った面をカーボンシャフトに当て、20番のジーンズスティッチで強固に巻いた。それをエポキシ2回固め。
わざと粗くした巻き糸の表面が、この無骨な殺戮ガジェットによく似合うではないの。これで抜けないよ、絶対。
DSCN3771DSCN3772
11月弾丸単騎釣行のおりに、このSRIXSONのギャフを再プレゼントした。
船頭は「お~綺麗、綺麗!」とご満悦だった。でも浮力が無いから海に沈むよ。落とさないよう気をつけてね。
あ~、僕も何だかマイ・ギャフが欲しくなってきたぞ。
え?そんなん使わずに、魚はやさしくリリースしろって?
(ー_ーメ) あんたね、……………黙って船べりまで来てもらおか(爆)。