2009年11月6日金曜日

3連休サトゥン遠征 ⑥究極のミノーK2F

今回持ち込んだ新兵器は、タックルハウスの2008年新製品 K2F(T1)。こいつは素晴らしかった。
さすが歴史的名品K-TEN BLUE OCEANの20年ぶりのモデルチェンジ。他のミノーはもう要らんのでは?と思える完成度。
飛距離と引き抵抗の軽さは文句なし。高速時のブレ相殺機構、絶妙の強力貫通ワイヤリング、傷ついても剥がれない塗装などぎっしり充実。
しかし機能の一人歩きではない。またよく釣れるんだよな、これが。南の海なら速めのタダ巻きで。
DSCN3611k2f DSCN3662k2f
あんまりいい感じなので、デッドスローもやってみたが………沈黙(爆)。
この動きだけは、南海の活発なお魚向ではなかったようで。
しかしこんな究極のミノーに頼り切ってっていては腕が錆びる。
それと、やっぱりトップでのバイトも見たいから、このK2Fを使うのは程々にした。
この辺りで小型プラーモンの数を狙うなら、K2Fを持っていれば、それだけでいい。きっと。
DSCN3640DSCN3684
place : Ko Bulon Le, Ko Tarutao
fish : Giant Trevally
lure : TACKLE HOUSE K2F (T1)