2009年11月2日月曜日

3連休サトゥン遠征 ④荒天退却

2009.10.25の釣りのお話。
前夜はタルタオ島に一泊。夜半頃から激しい雨となり、雨が止んだ後はゴーッと海鳴りが聞こえた。大丈夫かな。
6:00に出船したものの、行こうとしていた沖の瀬(ヒン・ポ)は波が高くて駄目だと。
そこで、前日と同じ場所からもっと南に攻めて行くことにした。 うねりは残っているが風波は治まってきた。
サラシ状態で水が濁っている磯に向かってキャストだ。食いが立つのかと思ったら、逆に全くルアーを追わない。日本と違うね。
そんな濁りの中から、よねさんがプラー・モン52cmとクイーン82cmを連続ヒットだ。クイーンの走りっぷりは、見ていても爽快!
DSCN3659y 画像 973m 
DSCN3663 DSCN3667q
僕の方はプラー・モン1匹の後、貴重なバイトをバラしてばかり。よねさんは更にプラー・モンを2匹追加。
以降は、虹が見えたかと思うと一気にサンダーストームに巻き込まれて、大揺れの中を避難。
避難先で再開しても、すぐに次の雨風波でまた後退…。 釣りになったのは合計3時間ほどだった。
悲しいかな、我等がロングテールボートは、うねりにとても弱いのだ。
エンジンパワーに比べて波の抵抗が大きいのと、うねりでスクリューが空中に出てしまう時間が長いのとで、全然進まない。
頭から雨と海水を被りながらの退却で、パンツから靴からグッショグショ。あまりの水攻撃でラフジャケットが作動するかと思ったよ。
結局強風が止まず、パクバラまで早めに帰還した。着いた時には2人とも、もう潮吹き昆布状態。
未だモンスーン期終わらずと言ったところか。そんな中で、今回2日間釣りになったのはラッキーだったな。
夕刻、船頭一家の笑顔の見送りを受けて、荒天のパクバラを後にした。
来月も来るからね!今回の釣りはきっとずっと忘れない。体中の塩を洗い流しても。
画像 959 画像 967 DSCN3670
place : Ko Tarutao
fish : Giant Trevally, Talang Queenfish