2009年11月17日火曜日

秋のパンガー ③バラクーダ斬鉄

2009.11.8のfishingのお話。
船は、第1シミラン島の南にアンカーしていた。
前夜殆ど寝てない僕は、好きな夜釣りもせずに10時間眠った。
朝6時、一人で艫の延長デッキに立ち、ポッパーを投げ始める。
何度もダツが当たってくるが、濃厚な気配を感じ取った矢先、来た。サワラだ。
ガーンと引き込まれ、こっちも3発ぐらい強い合わせを食らわすが、次の瞬間、魚の逆襲だ。
黒い島影をバックに黒い魚体が2mmも躍り上がり、激しく首を振った。口からはじけ飛ぶポッパー。
僕の人生をなぞるようなこのバラし方。黒い影の一瞬の記憶が絡みつくよう離れない。
皆が起きてからは、トローリングやキャステイングでさらにサワラを3匹バラシ。うーん、こんなはずでは…。
ジギング隊も朝から大不調だ。nishiさんが朝イチで大きなスギをギャフ入れ失敗で逃がして以来、あれ。
DSCN3733b DSCN3731b
そう、バラクーダばっかし。手に負えないほどリーダーが切られる。ワイヤーごと切っていくヤツもいる。
僕はシンキングペンシルで109cmのバラクーダを釣った。一瞬高級魚の引きかと期待したがこれ。うゎ、猛獣だな。
帰途のトローリングは、僕と黒さんがサワラ、nishiさんがシイラを釣るも、前日のような盛り上がりに欠けた。
一番長く停まったパヤオが、バラクーダだらけの糞パヤオだったことが、この日の敗因かな。
DSCN3735l DSCN3743
2日間全体としては釣果上々、2日目駄目でも「船頭金返せ」とかの愚痴は言うまい。
シミランか…。またいつか来ることができたら…。
place : Ko Similan ~ Khao Lak
Fish : Barracuda