2009年11月24日火曜日

11月のサトゥン弾丸単騎

2009.11/14~15のfishingのお話。
初日はまずタルタオ島に上陸してバンガローの予約をし、13時から西岸の磯を目指して南下した。
始めて間もなく空は真っ暗、やがて強い風と雷雨が来た。仕方ない。ビーチのある入り江にアンカーして収まるのを待つ。
ところが雨風が続くこと3時間余、元の場所に帰れない程の波になってしまった。
ちょと、おかみさん、これが遠路はるばる来たお客さんへのおもてなしですのん?もうね、一見さんちゃいま(以下省略)。
帰途は波を越えるたびに大きなピッチングでズドーン。腰椎パイルドライバー状態。後で効いてくるのよコレ。降参、もう降参。
ということで散々濡れて揺られてプラー・モン1匹、がっくり。これではまるでモンスーン最盛期じゃん。
晩は、西欧人ばかりのバンガローに泊まる。
タルタオ島って、見知らぬヨーロッパの金髪のオネエさんがね、沢山笑顔で挨拶してくれるんだよ。
桟橋で、食堂で、林の中の道で。この一人旅のyellowのおっさんにね。ふふっ(^v^)。
2日目は5:30にタルタオ島の桟橋を出港して、もう一度西岸を攻めた。
凪なんだけど、どうも調子が悪い。連日の雨と波風で、水が緑白色に濁っているせいだな、きっと。
船頭は「水がこの色だと食わない。良く釣れた10月は青かったろ。」と冴えない表情だ。
DSCN3754mDSCN3764
それでも3番目4番目の磯を中心に、朝のうちだけで10発ぐらいのバイトが来た。
これを全部捕っていればそれなりだが。あなたなら釣れたろうが。実際僕が釣れたのは57cmと50cmの2匹だけ。しょぼ~ん。
日が上がるとアタリが無くなってしまい、仕方なくアオ・ソンの南のマングローブジャックの多いポイントを攻める。
地元漁師の目の前でルアーでジャックを3匹釣ったら、漁師が拍手してくれた。大スター、なわけないよね。
午後は波風が強くなり、退却しながら午前の場所をもう一回拾い釣りしたが、浅いバイトが散発するのみ。
それと、あちこちで僕のポッパーはシロハラウミワシに大人気。天空からの鷲の急降下は見ごたえ抜群だけど、釣りたくないのよ君を。
DSCN3774e DSCN3781
そんなこんなで、早めに見切ってパクバラに帰還した。虹のゲートをくぐって。
天気のせいで不完全燃焼だったけど、掴んで帰ったもの、撒いてきた種、色々あるんだ。
だから次が楽しみで仕方ない。12/13~12/14などどうかなと思っている。次も一人旅だろうな。でも、きっと釣れる。
place : Ko Tarutao
fish : Giant Trevally