2009年1月27日火曜日

別れ Long Farewell

1971年8月7日、船長だった僕の父がヨーロッパ航路から帰ってきた。喜望峰を回って。
土産に持って帰ってくれたハンカチの包み。結び目を解くと、美しい陸亀が!
クリクリの黒い瞳に、黄色と黒の宝石のような甲羅。10歳の僕がどんなに嬉しかったことか。
それはマダガスカル産のホウシャガメ Geochelone radiata だった。
http://www.chelonia.org/Articles/Gradiatacare_jp.htm  ←至高のカメであることが熱く語られているでしょ。
この種、今ではレッドデータブックで絶滅危惧種。全ての取引・移動が禁じられている。
でも当時はワシントン条約なんてなかったし、現地では食用だったらしい。
うちに来た時はちっちゃかったぞ。甲長11cm、甲高6cm、体重205g。
今は一人住まいの老母が飼っている。10kg以上に大きくなって、今でもすごく元気で。うちに来てから、もう38.5年か…
左は子供達が小さい時の写真。牛乳に浸したパンをやってるところ。右は現在。
DSC00016 k081
このカメは基本的に草食。多肉植物・野菜・果物・チーズが好物。干しエビ・煮干・サプリメントもちょっとあげる。
家族なんだ。ずっと。どこへでも一緒に行ったよ。
天国にいるトラ(猫)やコン(犬)とも大の仲良しだった。いつも3匹並んで寝てたよな…
ところが。訳あって、カメとの別れが迫っている。下の写真は先週、カメにお別れを言いに行った僕の子供達。
皆、泣いたって。辛いな…
2009.1 TDL 092 2009.1 TDL 095