2009年1月5日月曜日

年末釣行リペ島行ったぞ!①AA恐るべし

12/27~12/29の3日間アンダマン海という今回の企画に、唯一応募くださったのが、シラチャのGATAさん。
そのGATAさんから出発一週間前にメールが来た。 「アンダマンはだめだまん。」初日の都合が付かないという。
僕は2.5日の短縮日程を提案して返信、「アンダマンはまだまだいけるまん。」
GATAさんから「よっしゃー乗った、それでいきましょう!」
当日、僕は6:50の飛行機に乗ろうとアパートで待っていた。ここでいつものトラブルが出た。運転手遅参。
来ないから電話したらまだ寝てやんの。ヴォケがっ!前夜酒飲むなって念押ししたのに…
スワンナブーム空港の飛行機にはぎりぎり間に合った。次遅れたらクビっ。
さて目的地のハジャイ空港、竿は着いたがバッグは着いていなかった(ToT)。一緒に預けたのに何でやねん?
「まだバンコクにございます」と綺麗なAAのお姉さまに笑顔で言われ、 こっちもリアクション笑顔でするっと引き下がり。
次の便を待つこと4時間。あみん!ようやく目的地サトゥン県パクバラに付いたのは14:30。近くて遠いね~。
DSCN2781DSCN2787
投宿後、今回世話になるStartの店に行って、2時間ほどロングテールボートを借りてもらった。500バーツ。
ここパクバラは河口にあり、広々としたマングローブが広がっている。ここでルアー釣りだ。
バラマンディの3kgなら良く釣れるというが、あいにく干潮で魚が岸寄りにいない。ワンバイトだけで断念した。
陸に戻ると再びトラブルが。何とGATAさんが予定の飛行機に乗ることが出来ず、翌朝到着になると。
GATAさんの荷物が「大きめ」だったため拒絶され、「体だけならどうぞ」と言われたと。そんなんで行けるかいっ!
AAおそるべし。安いんだけどね…
DSCN2792DSCN2794
夜はStartの店に行って、一緒に飲んで釣り談義。彼ら日本人に初めて会ったって。
そんな彼らがこんなタイの端っこみたいな町にいて、志村動物園のパン君を皆知っていた(爆)。
前回同様、Besthouseに宿泊。床がぴっかぴかで気持ちいいおやど。
place : Ban Pak Bara (Satun)