2007年8月29日水曜日

サメット島 家族呼び寄せ旅行②

さて2日目、前日に予約したJimmy's Tourのシュノーケリング。
3時間コース5,500バーツ(スピードボート貸切・6人まで)。
9時半に浜でフィンのサイズ合わせをして出発。よく晴れて波も無く、ボートはサメット島の北端を回って滑るように快速で飛ばす。

30分弱でコ・タルという小島に到着。遠浅の砂浜から泳ぎだすと珊瑚礁が広がっているけど、あんまり生きてる珊瑚は無い。
それでも水は透明で小魚も多く、子供たち大喜び。ボートではフルーツ盛り合わせやドリンク類を出してくれた。
次は別の島の前に移動して、ボートの兄ちゃんがパンを撒く。
わらわらっとスズメダイの大群が出てきてパンを食いまくり。磯釣りで最も見たくない光景…。
ここは珊瑚礁がずどんと深く落ち込んでおり、珊瑚も生き生きして水中の景色が豪快だった。
10歳の娘がフィンだけでどんどん先に行き潜る潜る、まるで人魚のように自由に泳ぐ。
13歳の息子は銛を撃ちまくるが魚が素早くてだめみたい。ちょっと興奮気味。
次はコ・クディーという島に上陸。犬が泳いでお出迎えしてくれた。
ここは砂嘴が青い海にすーっと伸びて夢のように美しい。宝貝を拾ったりまた潜ったりでゆったりすごせた。

最後はサメット島のフィッシュファームに立ち寄り、サメや海亀やアカメに餌やりを楽しんだ。養殖場というより、レストランの海上生簀ね。
結局4時間のアクテイビティで延長料金なし、ホテルのチェックアウトも14時になったけど追加料金なし。マイペンライの世界だな。
17時までル・ビーマンのプールと前の海でくたーっと過ごし、17時のスピードボートで本土に戻った。
子供たちは船首に陣取ってすっかり「ワンピース」気取り、「気分サイコー」だそうで。
ああいいところだった、サメット島。家族も喜んでまた行きたいって言うし。遠く行くこと無いねって感じ。
シーラチャー⇒サメットは、、丁度宝塚の家から淡路島に行くような距離感かな。おすすめ!