2007年9月23日日曜日

シーラチャー漁港

写真はシラーチャー漁港の夕景。
日本の漁港のように防波堤に囲まれた船溜まりと水揚げ場があるわけではなく、一本の桟橋が干潟から伸びているだけ。
両側に帰港した船が着き、トラックが魚を積んで出て行く。
隣に伸びるコ・ロイへの連絡橋では満潮時に沢山の竿が並んでいるが、この漁港桟橋で釣りをしている人を見たことがない。
禁止なのか釣れないのか?水がめちゃくちゃ汚いので竿を出す気になれないのだが…。
ただ、パタヤの釣具屋の主人が「夜中に桟橋の下をルアーで狙うとプラー・カポンが釣れる。10kgのを釣ったことがある」と
言っていたのがひっかっている。要調査ポイント。