2013年1月24日木曜日

キス仕掛を作ろう ④両端の処理・完成編

前回までで仕掛糸の原型ができた。天秤側に二本撚り、中央付近に枝バリを付けための撚りチチワがある。
今回はこの仕掛糸の両端をどうするかについて、そして完成までのお話。
まず天秤側。二本撚り先端のループにスナップ付サルカンを付ける。天秤と接続するためには普通のサルカンではダメだ。
サルカンに先端を通す。出てきた先端ループにサルカン、または仕掛糸のもう一方の先端、どちらかを通して引く。お好みで。
通常サルカンが先端ループより大きいので、もう一方の端を通すのが楽だ。途中で撚りチチワもループを通るが大丈夫。
引っ張って締めると、サルカンの輪に糸が二本掛かったダブルライン・スイベル・ノットになる。
次は仕掛糸がシングルのままになっている先端部分。ハリスを付けるためのチチワを作ろう。
6cmぐらい先端を折って右手で持ち、左手で先端ループを向こう側から本線にあてて交差点を再び右手で持つ。
左手で二本重なったループを時計回りに180度回転させる。そのループに右手で持っている先端シングルループを入れる。
締めれば8の字結びによるチチワができる。慣れれば目を閉じていても可能だ。チチワのかわりに小型サルカンでもよい。
RIMG3600 RIMG3599
ここまでが分かりにくかった人・作るのに時間が掛かった人は⑤動画編を見ておいてほしい。
これで仕掛糸の本線ができた。後はハリスを結んでおいたハリを先端と枝バリ用撚りチチワに結べばよい。
僕は先端に長さ22cmの物を、枝バリには長さ11cmのものを用意すると書いたが、結んで切ると20cmと9cmぐらいになる。
これでキス釣り仕掛が全て完成だ。スナップサルカンで天秤に接続すれば臨戦態勢となる。
餌は短かめに切って付けること。キスが散らないよう、水深に合わせてなるべく軽いオモリを使うこと。
竿下でもチョイ投げでも、仕掛が常に天秤や力糸から離れるよう留意しよう。
つまり、竿下なら落とす前に潮で仕掛を吹き流しておくこと。
チョイ投げなら着水直前にスプールを押さえて糸の出を止め、天秤の向こうに仕掛を落とし、着底後すぐ仕掛の長さ分引く。
仕掛に頼らず、竿やラインの操作で常に絡みを防ぎながら釣れば、トラブルが減って釣果につながる。
さあ、仕掛けができたらキスを釣りに行こう。あなたはこの仕掛の耐久性とトラブルの少なさに驚くに違いない。豊漁祈願!
RIMG3602RIMG3604

念のため最初からどうぞ。
①ハリ編

②絡み防止の二本撚り編
③枝スを出すチチワ編
④両端の処理・完成編
⑤動画編