2013年1月9日水曜日

シリアスにアダン島

朝6:30にアダン島の国立公園事務所前から船で出た。TAIYOさんも同船だ。
北東風が吹き荒れている。大晦日にGTが出たアダン島の西岸に向かった。丁度風裏で調子がいい。
以前チャオレーの船頭がTAIYOさんを連れてきたのもここ。実績場なのだ。北端の岬から南に流し丁寧に投げる。
TAIYOさんはヤマリア・ローデッド14cmのシングルフック仕様。僕はタックルハウス・ブリット。ともにペンシルだ。
大晦日にGTをバラした船頭も真面目な顔をしてキャストに加わっている。潮は流れ雰囲気はいい。でも食わない。
RIMG0577mRIMG0578m
7:40、トウィッチをやめて速引きミノーイングをしていた僕のブリットにガツーンと乗った。水面爆発は無いがそれもよし!
おー、潮に乗って引く引く。ツナロッドなので強引に寄せて抜き上げたのは63cmのプラー・モン。綺麗な魚体。居るね~。
10分後、TAIYOさんがみよしから前に投げたローデッドに水柱がドーン。グーンと竿が曲がる。ここでかなり動揺したらしい。
魚が一気に手前に走ったのでテンションが抜けて「バレた~」の悲痛の声。しかし魚はちゃんと付いていた。
写真を撮ろうとすると「撮った瞬間にバレる~」と心配そうなTAIYOさん。上がってきたのは白銀の65cm。お見事。
金色のシングルフックがしっかりカンヌキで刺さっているように見えたが、実はそっと乗っているだけだった。危なかった。
RIMG0582 RIMG0583
TAIYOさんはこの一匹で十分満足したようで「帰ろかっ!」発言が出た。僕も同じく、シリアスモードから開放された気分。
別ルートで遥か遠くまで来て逢った2人が、同じ時刻・同じ場所・同じ魚の2013年初物を釣ったわけだ。実にめでたい。
他の場所は強風で難儀だが、折角ここまで来たのだし、まだまだ時間はある。ラウイ島を回ってみよう。
place : Ko Adan, Satun Province, Southern Thailand
fish : Giant Trevally