2012年7月29日日曜日

バンサレー 大型船でジギング

キャプテン・モッドの大型船でバンサレー沖に出かけた。
メンバーはタカシさん、TAIYOさん、J2さん、ソガッポンさん、コウチャンさん、リュージョンの6名。
船は金曜の晩に出て、クラム島の沖にアンカーして一泊、朝からジギング開始となる。波風が強めの晩だった。
J2さんとコウチャンさんはろくに寝ずに暗いうちからシャクリ始め、ハタやらフエダイやら釣って歓声を上げていた。
僕や他のメンバーも、明るくなり始めた頃からキャビンを出てジギング開始だ。
水深50m、潮の効く場所でアンカーしての釣り。皆100g級のジグをチョイスしていた。
RIMG3051 RIMG3053←J2さんとタカシさん
RIMG3070 RIMG3062 ←TAIYOさんコウチャンさん
すぐにJ2さんとタカシさんの竿が曲がり、バラクーダをキャッチ。他メンバーにも掛かるが鋭い歯の前にリーダー切断が多発。
僕など3回連続でバラクーダに噛み切られ、大事なジグ3個をあっという間にロスト。皆、そんな僕を見て爆笑してるし(泣)。
RIMG3060 RIMG3066←フーペー71cm
RIMG3071 RIMG3072←フーペー61cm
艫に並んで釣っているメンバーの調子が良く、バラクーダに混じってヒシカイワリが次々に上がった。
J2さんは新調のライトジギングロッドを大きく曲げてファイト。「竿が柔らかい~」と笑いながら71cmの良型を上げた。
ヒシカイワリって、こんなに大きくなるんだとビックリ。この辺では「フーペー」と呼ぶ魚だ。
コウチャンさんも61cmのヒシカイワリで続いた。この後、ダブルヒットやトリプルヒットがあったが全てバラクーダ。
全般にジグを食わなくなった頃、僕がやっと掛けたのはマテアジの良型。J2さんもさらに大きなマテアジを上げた。
RIMG3057mRIMG3075←マテアジ良型
僕は、アジが居るのならとジギング竿を置き、ショットガン仕掛けを急いで作って投入してみた。
調子の悪い時はいろいろやってみなきゃね。しかしこれが予想外の展開を招き、メンバーは真っ二つに…(続く)
place : Bang Sare
fish : Barracuda, Bump Nosed Trevally, Yellowtail Scad