2012年7月27日金曜日

アジ&チップス

シーチャン島から戻ったメンバーのうち、sodaさんと僕の2人だけでささやかな魚宴会をした。
最近の「白魚」はいつもお客さんで一杯の繁盛店。閑古鳥が鳴いていた5~6年前が嘘のようだ。
場所も味もサービスも変わらないのだが、信じて続けた道がやっと評価されたということかな。
ともかく、忙しい板前さんの負担を考慮、魚は全て下ごしらえして持ち込んだ。
その効果あって、すぐに出てきたのはアオリイカ&野菜炒め。贅沢でコクがあっていい。
そして同着でリュウキュウヨロイアジの刺身。宝石のように綺麗なピンクでシャキッとして旨みもある。
右は6月宴会時の参考画像。右半分が灰色ブヨブヨで味がなく、全宴会場と厨房を震撼させたツバメウオの刺身。
今回のリュウキュウヨロイアジとは天と地の差があるよね(笑)。
RIMG3038RIMG2887
下左はヒシヨロイアジの塩焼き。墨色の魚体の♂は見てくれは悪いが、マテアジより油が乗って旨いのに驚きだ。
メインはカンルアンのフライ、熱々をとんかつソースで。これ、いつ食っても最強旨し。これのためにショットガンやってるんだ。
RIMG3039RIMG3040
さて、翌日はマテアジ3匹をフィレに下ろし、暗い坂道を5km自転車で登って、「The Farang」に持ち込んだ。
汗だくで店に着き、扇風機の前に倒れこむように座って注文。「タイガー生を1パイント!この魚でフィッシュ&チップス!」
ノイさんは笑顔で魚を受け取り厨房へ。持ち込んだのが左、出てきたのが右だ。
RIMG3043RIMG3047
マテアジ&チップスって赤身魚じゃん、どうなのよと思うヒマもなく旨いぞ。特にタイではこんなこと誰もやらないだろうしね。
そんなこんなで今週は冷凍庫がタンパク質で潤沢。毎日が楽しみだな。