2012年7月23日月曜日

ショットガンの弾

僕がショットガンアジングとかショットガンサビキとか書いているのは一体なんだろうと思っている人。
エサカゴを付けないサビキをストーンと海底まで落とし、すぐにしゃくりあげる釣り方のことだ。いわゆるアジングではない。
僕は自作の3本鈎仕掛を使う。全長120cm、枝ス5号20cm、鈎はハヤブサ新アジ胴打の金12号。軸が平たくて光るヤツ。
これにヤマシタのワームバケⅡを付ける。アジングやメバリングのワームはサイズが長過ぎたり太かったり。それに高い。
RIMG3011 RIMG3015
ワームバケⅡは安くて1日中使える丈夫さ。何たってよく釣れる。鈎の胴打部分を隠さないようにちょっとだけ刺すのが好き。
平たくて薄い尾がサビキの魚皮に迫る柔軟な動きでヒラヒラして魚を誘う。漁具メーカー信頼のクォリティだね。
動かし方のコツは止めない事、特に着底したらすぐにジャーク。その後も段を付けて2~3回しゃくる。
普通のサビキはコマセの中でゆらゆらさせるが、それと真逆。泳層に突然現れ一気に逃げ去る感じでクイックに動かす。
魚が近くに居さえすれば爆発的な効果を発揮することが多い。魚の居ない時は広角に投げて底を探ってくればよい。
アジ類、クイーンフィッシュ、フエダイ、イトヨリ、ハタ、ウメイロ、キス、カマス、皆ショットガンが大好きだ。ワームバケⅡのね。