2010年4月1日木曜日

ピピ島 ルアーに食ったがサメに食われた

2010.3.27のfishingのお話。
昼頃ピピ・ドン島のレムトンビーチに到着、すぐに竿を持って浜を歩いていくと、シージプシーの村があった。
早速ロングテールボートでの釣りを交渉、4時間で1,500バーツか…。ちょっと高いが観光地なので止むを得ん。
東向きに開けた浜から沖を見ると、正面にバンブー島、やや左にモスキート島が並んでいる。出撃~!
20分ほどでバンブー島の手前に着いた。5mほどの水深でぶわーっと広がる珊瑚礁、ここ、いいね。360度キャスト可能だ。
2投目、早くも足元までプラー・モンが追ってきた。いるじゃん、楽勝じゃん!
10投目ぐらい、着水と同時に水面が割れた。またプラー・モンだが、掛からず。次のジャークにゴン!
ビューッと走る走る。こりゃスレだな。負けじと巻いてきたが、突然船頭が大声で「サメ、サメっ!」
大きな茶色い影が、掛かった魚を追ってきてガブリ。ひえ~、僕の魚どうしてくれるのよ…。
急に引かなくなった魚をサメより速く巻いて回収すると、???頭が無く、体だけ残って上がってきた。
DSCN4186cDSCN4192c
普通サメに食われると頭だけで上がってくるんだけど、スレで掛かってたからこうなったのね。
おかげさまで食べる部分はたっぷり有るけど、魚屋で買ってきたみたいじゃん。
「いよっ、奥さん、活きてるよっ!頭とワタ取っといたからね、ほいっ!」ってか。
尾鰭先端から背鰭前端まで42cmということは、元は60cmの魚だな。残念。
折角遠くまで来たんだから、思い出を汚さないでちょうだい、サメちゃんの馬鹿っ!
この後、ポッパーに良型の派手なバイトが出たが、掛け損なった。雷雨が迫り、結局2時間ほどで撤収した。
ピピ島。初めて来たけど、浜のすぐ前で釣れるっていいよね。
でも、遠過ぎるな。土日だけで来ると、金曜の晩出てプーケットに前泊しても、土曜の午後と日曜の午前しか竿を振れない。
同じピピ島なら、トンサイに船を待たせてすぐ出漁、バンガローに泊まって、翌日も時間一杯まで釣るのがベストか。
まあ弾丸釣行って、いかに糞時間を潰して釣り時間に変え、いい船頭捕まえて釣り倒すか、これに尽きる。
その実行場所として、ピピ島はちょっと遠いので、ぎりぎりの線にあるってこと。
魚半匹釣れただけでもラッキーとしておこう。
place : Koh Phi Phi
fish : Giant Trevalley (with shark bite)