2010年4月30日金曜日

4月のサトゥン弾丸 ②濁りを避けてクラン島へ

2010.4.25のfishingのお話。
6:00に出船。船頭の提案はこうだ。前日好調だったタルタオ島西岸を南から北に向けて釣り上がろうと。
かなり南まで行って、海を見ると驚くほどの濁り。食うかもしれないと皆で一生懸命投げてみたが反応なし。
3人、これでおおいにくじけた。あきさんの提案で、1時間西沖にあるクラン島へ大移動だ。
北東の岬から取り付いて、北岸をキャストしていく。イチ、ニ、サン、ダーッ!涙出るほどダツばっかし。
ここクラン島、以前はプラー・モンやクイーンが結構居たのに、いったいどこへ行ってしまったのだろう。
そのうち船は、2個イチになっているクラン島中央の継ぎ目まで来た。
僕は船頭に頼んだ。「珊瑚の浅場まで行ってくれ。ハタを釣るから。」
船は微速で青い珊瑚礁の湾内に入り、一番奥から風に乗せてU字型にゆっくり戻る。素晴らしく海が綺麗だ。
この間、3人の投げる小さなルアーにモヨウハタとチェッカー(アミメフエダイ)が出まくり。実に楽しい。
DSCN4473 DSCN4477
湾を出ると、あきさんが岸沿いに投げ込んだK-TENに黒い魚体が2度飛沫をあげ、フッキングした。
魚は深場に向け一気に走る。
あきさん : 「うわ、艫に走った。なんやコレ!」
よねさん : 「黒かったし。エイでしょ」
僕 : 「首振ってるし。それは、アイナメやで」
おやじギャグを浴びながら上がってきたのは良型のプラーモン、今日イチ。あきさん、ここまで来て良かったね。
DSCN4474 DSCN4475
この後は風が強まり、タルタオ島に戻ってみたものの、ひどい濁りで魚達は全員退去の模様だ。
最後に僕が右下の超大型GT(爆)を釣って雷雨終了。楽しい2日間だった。
DSCN4479DSCN4481
最近悩まされるタルタオ島の濁り、何とかならんかな。折角の釣り場のポテンシャル台無しじゃん。
スレイマン船頭は盛んに「次はいつ来るんだ?」と聞いてくる。
でも、アンダマン海は5月からモンスーンで荒れるからねと即答を保留した。
実は荒れる時期の静かな日がいいような気がしている。サトゥン釣行、次はいつかな…
place : Ko Tarutao, Ko Klang
fish : Checkered Seaperch, Giant Trevally