2009年2月26日木曜日

タルタオ島の鷲を撮る

聖バレンタインデーのタルタオ島釣行でのお話。
釣れないとみたよねさんが熱中していたのは、猛禽の撮影だった。
不安定な小船の上から、滑空する猛禽を400mm望遠で追う。
空には2種類居る。
翼を広げて2m以上と大型で、尾が尖り、頭・体と翼前方が真っ白、翼後半が濃いグレーの、シロハラウミワシ。
少し小さくて、切りそろえたような尾、全般に茶色、頭から胸が白の、シロガシラトビ。
よねさんは、両者が並んで飛んでいる瞬間を見事に切り取った。
DSCN2921IMG_0432hIMG_0426t
他にも、樹上の巣に佇む姿、大きく翼を広げて枝に止まろうとする姿など、見ごたえある写真がいっぱい。
高価な機材を持っていって良かったね、よねさん。
彼は「猛禽が好きでね」と語る。
僕だって好きだ。猛禽には、最も恐竜の生き残りとしての面影を感じる。
日本では滅多に見られない大型のワシ。
このタイで、釣りのついでに極く近距離で多数観察できるなんて、思ってもみなかった。
ここでは普通種なんだろうけど、見事な迫力と美しさ。いつまでも空を支配してほしい生き物だ。
この日は釣れなかった。しかしそれ以上のものがあったな。
Eagle fly free, together we’ll fly someday!