2008年12月21日日曜日

澪の向こうはキスとイルカの国だった

2009.12.21の釣りのお話。
この日はタイ人7人と一緒にバンサイ沖にキス釣りに行ってきた。
バンサイという場所は、シラチャからバンコクに所用で行く時によく通る湾岸線沿いの町だ。
一面に広がる干潟の向こうに、あんな世界があったのだと、目から鱗の釣行だったな。
さてキャプテン・マスカラスと助手・ドスカラスの船は、干潟から澪を通って一面に広がる牡蠣棚を抜け、無数に竹が突き刺してある沖に出た。
DSCN2757mdDSCN2756
有明海みたいな場所だな。水深3mしかない。
係船にはアンカーの代わりに長い竹竿を使う。竹竿が底に着いたら、ぐぐっと体重を2回乗せる。
すると竿はズブズブと海底の泥に2mも突き刺さる。前後2本の竹竿に船をロープで留めて完了。へ~ぇ!
さあ、全員でキス釣り開始。餌はエビの切り身だ。
ここはモトギスが5割、黄色いゴンズイ(プラー・コッド)が4割、他魚が1割という感じで掛かってくる。
モトギスは、かつて日本にも沢山居たアオギスに近い仲間らしい。
音に敏感なアオギスを釣るために、泥底の浅海に立てた脚立の上に座って静かに釣る、というのが昔の江戸前スタイル。
そんなことを思いながら軽快なキスのアタリを楽しんだ。型は24cmまで。シラチャより全般に型がいいな。
DSCN2760bs DSCN2762
この日2回、イルカの群れが遠くでジャンプした。皆が「ロマ(イルカ)!ロマ!」と叫ぶ。残念ながら僕は見逃してしまった。
毎年この時期バンパコン川河口にイルカが集まってくるらしく、イルカ見物の観光船まで出ていた。
同乗のタイ人はキス釣りだけでなく、サバやキスをブッ込んで巨大エイを狙っている。一発来たがフックアウト!
キスは晴天の下ぼつぼつと釣れ続け、僕は夕方までで40匹ぐらい。これぞ小魚信、楽しかったね。
反省点は、日本風の小針キス仕掛では、ゴンズイの多さに消耗が激しいということ。もっと丈夫なタイ風仕掛けの方が吉だね。
トイレも無い船だし、海もトロンとして綺麗じゃないけど、ここで募集企画でもしてみようか?
ちなみに僕は、キスの天ぷらが旨すぎて旨すぎて、また1月に行くつもり。いかが?
おっとその前に、アンダマン海年末企画はどう?
DSCN2766 DSCN2773
fish : Northern Whiting
Place : Bang Sai ~ Chonburi