2009年9月27日日曜日

シーチャン島 風ビュンビュン

2009.9.26のfishingのお話。
シラチャ在住のHARUさんと一緒に、キャプテン・タンの船でコ・サンパンユの西側に行った。
毎晩ひどい雨が続いているシラチャ周辺、その関係か、南西の風が強い。
隣の船が木の葉のように揺れている。こっちの船もそうなんだろうな。
その隣の船、長いファイトの末、10kgほどのスギを釣っていた。へ~、この辺にもいるのね。
こっちはアジ類の回遊がなく暇で暇で。
周りに白ウサギが目立つようになり、うねりも出てきたので、コ・サンパンユの風裏に移った。
ここは揺れがちょっとマシで、船酔い気味のHARUさんも復活だ。
ようやくここで小物が飽きない程度に釣れ始めた。
ミナミコノシロ、マテアジ、イトヨリ、ホシギス、ハタ類など魚種多彩で楽しい。
DSCN3568h DSCN3569g
底は砂交じりの珊瑚で、すごく粗い。ハタが来るが、良型だと一瞬で根に持っていかれてしまう。
船頭も含めて3人で切られること6回。全部釣ってりゃ結構お値打ちだったのになぁ。
頭にきて8号(32lb)の仕掛にしたら、今度は何も食わん。おいおい、あんまり微妙な食い分けしないでくれよ。
終盤はエサ(カタクチイワシ)の代わりに、エコギアパワーシラスを付けてやってみた。
投げてしゃくりながら巻いてくると、マテアジが良く釣れた。
僕だけ快調なので怪訝そうな船頭に見せてやると、「ゴム餌~!」と驚いていた。
今度日本でメバリング・アジング用品を仕入れてこよう。
HARUさんは地元での磯釣りや小船の釣りに詳しい。色々と教えてもらえそう(喜)。
DSCN3570m DSCN3572r
place : Ko Sichang
fish : Giant Threadfin, Yellowtail Scad