2009年10月4日日曜日

淡路島 魚影薄い

2009.10.4のfishingのお話。
朝早くから西浦でスズキ狙いもアタリ無し、タチウオに遊ばれる。
おっ、沖にツバス・ハマチのナブラ発見。それではとショアジギに変えてブン投げる。
隣のおっさんの倍ぐらいの飛距離で、ちょっとかわいそうだけどいい気持ち。
ナブラが去ってかなり経ってから突然の1匹目。しかし足元でオートリリース。あらら。
次はライントラブルで、60gギャロップの単独飛行ひゅ~。
40gに変えてすぐツバス40cm。なんだ、8月サイズやんか。10月なら普通50cmだよな(泣)。
次、フッキンキング甘く、グリーンの背中を見せたところまででサヨナラ。
という感じで10匹ぐらい釣れるかと思ったが、なんとこれっきりの1匹。
DSCN3574
おまけに家族指定魚種(40匹受注)のキスが全く居ない。
周りの本格的な投げ釣りマンも全滅状態だ。
そこで昼に思い切って東浦に転戦したが、こっちはキスもハマチも居なかった。
日本で一番釣れる季節は10月でしょうが。それがこの貧果よ。
タイからポッと帰って単独釣行ってのは、さすがに難しかったということかな。