2009年9月6日日曜日

シーチャン島うねる

2009.9.5のフィッシングのお話。
Markさん、Akeさん、Vewさんと4人でシーチャン島沖へ行った。あ~釣れんかった。前回の2割ぐらいかな。
結構うねりがあって、海が初めてのVewさんなど連絡船で既にダウン。
そんな中、キャプテン・タンは列島南端まで船を進めた。
僕は新しい竿でポッパーやらジグやらを投げたのだが、魚が居ないからキャスティング練習みたいなもんだな。
餌釣り組は不振。やっと回ってきたのは、虎柄のマテアジと黄色い一本線のカンルアンというアジ。
僕はこれをショットガンで狙ってみた。餌無し空バリでストンと落とすあれ。パッパカ釣れたが、この時間帯だけだっな。
まだまだ最南端で釣りたいのに、キャプテンは今度は最北端のコ・サンパンユに移動。あ~時間の無駄。
途中シーチャン島西岸全部、CDマグナムを曳いたが一発来てバレてしまった。
コ・サンパンユは不調。マテアジがちょっと来るだけ。そんな中、僕がキャスティングジグで釣ったのは何とアオリイカ。
gallopの30gさん。あんた何でも釣れるジグだけどさ、イカの立場にもなれよ。



見るとMarkさんの軟竿が根元から曲がってる。「こんな竿に…!」とゴリ巻きで釣ったのはクイーン53cm。お味は如何?
15時ごろから潮が良くなるという状況だったが、皆さんうねりでダウン気味なので14時納竿とした。
シャム湾でうねりとは、アンダマン海が思いやられる。早く雨季明けないかな…。
place : Ko Sichang
fish : Talang Queenfish