2009年9月15日火曜日

ブロン島 船頭ヘロヘロ魚も断食

2009.9.12のfishingのお話。
ラマダン期間中のサトゥン沖に単独釣行した。
今年のラマダンは8/20~9/20で、イスラム教徒は朝6時から夕6時まで飲食禁止。水さえ駄目。
さて、船頭は炎天下で飲まず食わずで働いて、体が持つのだろうか?
北西風がやや強い中、12:40にブロン・ドン島から攻め始めた。
僕はPE4号+リーダー60lb(18号)+40g級ルアーという、スレンダー美女誘惑タックルを2本用意した。
これを交互に使う。これならトラブルがあっても休まず投げられるし。そして小魚用も1本。
DSCN3525
この辺り、西側の表磯がプラー・モン(ヒラアジ類)の着き場となっているのだが、この日は波風で行けなかった。
一方、裏磯は投げても投げてもバイト無し。何時間もバイト無し。元気者のクイーンフィッシュさえ食わず。
そうか、この辺りは魚もムスリムであったか。ラマダンで断食なんだ。しまった。
この辺の魚が豚肉を食べないことぐらい、前から分かっていたではないか。
仕方なくお遊びでビーフリーズとかワンダーとかの豚肉系ルアーを投げると、各種仏教徒のハタがよく釣れる。
 
船頭はしょっちゅう横になって休憩してるし、パワー激減の模様。 そりゃ無理もないよな。
自分が食えないせいか、2時間おきにカップ麺を出してくれてさ、ママー・トムヤムクン味を3連発(失笑)。
そんな中、頑張ってブロン諸島をドン島→マイパイ島→レ島→キノ島と東から西へ4島回って、18:00納竿。
ハタのお土産だけだったけど、この時期海に出られただけでよかったのかもしれない。
本当は荒れる時期の方が魚影が濃い、という話も良く聞くが、事実はそれほど甘くない。
南の戒律は、海底までをも支配する厳しいものであったということ。
place : Ko Bulon, Satun
fish : Rockcod