2012年1月31日火曜日

タルタオ島 ジガーも投げる

11月に予定していたTAIYOさんとの釣行は、洪水のためTAIYOさんが来られず、僕単独のサワラ探査になってしまった。
年末年始は僕とコウジさんはアダン島海域まで行った一方、TAIYOさんは家族で悪天候のンガイ島に居た。
ようやく僕とTAIYOさんでサトゥン・キャスティング釣行が実現したわけだ。
この日は北東風がきつく、風裏となるタルタオ島西岸に向かった。
2番磯からタルタオ富士を攻めて、時間があったら帰途も拾い釣りしようということになった。
TAIYOさんは生粋のジガーであるが、30mより浅い場所ではジギングはしないというストロングスタイル。
キャスティングは苦手と言いながら、シミランではGTを何度も掛けているので、それはただの謙遜だろう。
さて、2番から4番磯は全くチェースが無く、行き先危ぶまれたのだが、5番磯でTAIYOさんがプラー・モンをキャッチ。
RIMG2107 RIMG2104m
TAIYOさんの道具は、ちょっとリールが小さすぎ、竿が柔らかすぎかな。
これから揃えるなら竿はPE4号・ルアー70gが背負える7ft以上、リールはシマノ6000番以上・ダイワ4000番以上がお勧め。
5番・6番の間の崖下は期待通りチェース・バイトとも多かったが2人ともバラシばかりで実にいかんかったの~。
タルタオ富士まで大移動して北上しながらキャスト開始。魚は固まっており、食う場所と食わない場所がくっきり分かれた。
11番までは目の前でのバラシが続き、2人の叫びと足踏みが静かな磯浜に響く。「出た~!」「うぉ~っ!」「ええっ?」
ローデッドとブルースコードでバラシが続いていた僕は、ようやく10番磯でクイーンフィッシュを釣った。
いつも釣れる9番磯では、TAIYOさんがフィードポッパーでプラー・モンを釣る。
釣れる魚の10倍ぐらいはルアーに出てるんだけど、非常に効率が悪くて記録に結びつかなかった。これも運ね。RIMG2108 RIMG2109
僕は新年釣行で古い竿とリールとルアーを船頭にプレゼントし、FGノットを教えておいた。
今回それに加えて「糞糸」つまり使用済みで空スプールに巻き戻したPE、新品だが半端で70~80m残ったPEなどをあげた。
コウチャンさん、Leoさん、ご協賛有難う。船頭はそれを使い、僕らの釣り残しを天性の勘で軽々と誘い出す。
最後に戻った5番・6番間では僕ら2人がどうしてもバイトを乗せられないのに、船頭は2連発キャッチ。
結局TAIYOさんプラー・モン4匹、船頭3匹。僕はクイーンのみ。お客さんの立場台無しだ。何だか納得いかんなあ(泣笑)。
ただ、TAIYOさんが「キャスティング楽しかった」「家族で泊まりに来たい」と言ってくれたのが、何よりも嬉しかったな。
RIMG2113RIMG2110t 
place : Ko Tarutao, Satun Province / Thailand
fish : Giant Trevally, Talang Queenfish