2012年1月23日月曜日

サタヒップ キーメンの呪い

一月ほど前、ヨーンさん・ソガッポンさんとサタヒップ沖に出た。船はバンサレーから回船のキャプテン・トーだ。
タイラバでハタ、状況次第でイトヒキアジやスギをと期待して出たのはいいが、沖は北風が強くていい場所に行けない。
10時頃には早々にあきらめて、南の風裏に広がる砂地を流しておかず釣りモードに入った。
イトヨリやキスが程々に釣れ、それなりに楽しい釣りだった。
RIMG1998kRIMG2003c
最後に軍港の見える島の前を流すことにした。風が強く船は大きく流されるが、そこそこアタリがある。
僕に来た大きなアタリはキーメン(臭い魚)でがっかり。いつもの儀式でそのキーメンをヨーンさんの前にポーンと放流した。
次の瞬間、ヨーンさんは「痛テッ!」と声を上げて、手に持っていた竿とリールを海にドボン!
「竿が、竿が~!」「魚が泳いでる~!」と動揺するヨーンさん。
僕の投げた魚がヨーンさんの竿か仕掛に命中、思わず手を離して竿は海に沈み、そこにキーメンが泳いでいたわけだ。
う~む、いつもの儀式とはいえ、とんでもなく悪いことをしてしまったぞ。すぐに謝って回収開始。
針を一杯つけた重い仕掛けを投げまくって引っ掛けようとしたが、タイラバ3個、ジグ2個と、ロスト損害が広がるばかり。
1時間も探しただろうか、ついにあきらめて帰港した。
翌々日、キャプテン・トーに再度捜索に行ってもらったが、船の上から引っ掛ける方法では何も上がってこなかった。
次の日、僕はタイ王国海軍サタヒップ基地の兵士にサルベージを依頼した。
兵士数名がキャプテン・トーの船で現地に行って、潜って探す。
さすが海軍、ってことは全く無くて、「色のついたオモリがあった」との戦果報告。それ竿ちゃうやん、タイラバやん(泣)。
さらに次の日曜日にもう一度海軍を派兵して潜らせたが、ついに竿とリールは見つからなかった。どこに行ったんだ~。
クリスマスに日本に帰った僕は、沈んだのと同じ道具を探した。竿はすぐに見つかった。しかしリールが手に入らない。
それは2008年に1,000台だけ限定販売されたABUアンバサダー2500Cサンセットオレンジ。幻のリール。
コレクターズアイテムとはな…、もう売ってないし、皆手放すわけ無いやん(泣)
海底からの引揚げも代替品購入もできなかった僕だが、後日別の方法でヨーンさんのお許しを得て今はほっとしている。
皆、キーメンがうんこくさいからといって投げてはいけませんぞ。自分の前にそっと放流するのだぞ。