2012年1月12日木曜日

レック島 最後に愛は勝つ

釣り2日目は、アダン島北西の岬周りから攻めた。全く反応なし。
セイルフィッシュの黒い魚体を見ながら水道を渡り、ラウイ島北岸に移った。
キャスティング向きの素晴らしいフィールドが延々と続く。岬、ビーチ、岬、リーフ…、全く反応なし。
前日までの北東風で打ち寄せられた小さなクラゲが島の北岸海域を埋め尽くしており、これが食わない原因か。
ボートは最後の岬を回り、2年前に攻めたラウイ島西岸に達した。
前日のトン島西岸と同条件のはずの見事な荒磯が伸びる。魚の補給源である深場もすぐだ。それでも反応なし。
ようやく中盤からチェイスが見え始め、ローデッドで釣ったのは52cmのプラーモン。ここまで実に長かった。
そして元旦朝からの長い沈黙を破ってコウジさんが54cm。何と18cmのGT用ウッドペンシルで。
RIMG2041m RIMG2043
そして前日好反応があった水道やトン島西側を攻めたのだが、全然駄目。
船頭一人、Leoさんから貰ったポップクイーンでバイトを誘い出して釣っていた。
我々はトン島西磯が屏風岩で終わった所である決断をした。「ジギングしよう!」
ボートを数百m沖に出すと、水深は60mとジギングには十分だ。ボートを流しながら2人でシャクる。反応なし。
岸寄りの水深40mあたりも試した。僕がカツオを掛けてバラシたのと、コウジさんが2回底で掛け損なっただけ。
やっぱりジギングはソナーが無いと無理なのか。結構頑張ったんだけどなぁ。キャスティングに戻ろう。
途中カツオの群れに遇って投げまくるが中々針に乗らず敗退。カツオは逃げ足が速すぎて難しいね。
夕方の釣り、船頭は実績のあるリペ島西磯を勧めたが、僕は行く前から目を着けていたレック島を提案した。
レック島はアダン島の東にあり、南にブブ島とタル島が続いている。日も傾いた頃到着、タル島西面から攻めた。
物凄いダツの数だ。見る見るルアーはボロボロに、リーダーは何度も切っては結び直し。
タル島北端まで来ると、ナブラが逃げ惑っていい感じ。リーフの上をエンジンを切って慎重に攻める。
僕のローデッドに海面爆発、しかし空振りした。明らかにダツでは出せない水量。場が盛り上がるねえ。
その横にGTペンシルを投げ込んだコウジさん、出た、乗った!プラー・モンだ。いやホシカイワリだ。68cm!
僕がこいつを掛け損なって、それをコウジさんが獲ったのね。ん~、微妙(笑)。
コウジさん、「やっぱり道具はハイエンドですな」と、おニューのMCワークスの竿を咥えてご満悦。
RIMG2076RIMG2074 
隣のブブ島に移って同じように島を一周探ると、タル島と同じく北端リーフにナブラが。阿吽の呼吸でエンジン停止。
コウジさんは蛍光ペンでヤマリア・ピンクに塗ったローデッドを投げた。アクションを続け、船べりに来た所でドバーン。
コウジさん、至近距離で度肝を抜かれてたじたじだ。何とか立て直してフィニッシュ、またもやホシカイワリ73cm!
「でかい、やった、シマアジ2連発!」「自分で改造したルアーで食わせたのが最高!」もうね、コウジさん超ご機嫌。
RIMG2079RIMG2083
元旦の朝の僕のホシカイワリはまぐれでは無かった。この海域ではGTとGSTが競うようにベイトを追っていたのだ。
暗くなるまでこのあたりのナブラを攻めたが、あとは船頭がプラー・モンを釣っただけ。
朝から休まず頑張ってキャストしてた僕をどうしてくるのよ?で、コウジさんに訊いた。
RJ: 「コウジさん、一言どうぞ。」
コウジ: 「帰ろかっ!」
アダン島のレストランで赤ワインで乾杯だ。スロースターターは最後に魅せるということね。激しくやられた(笑)
place : Rawi Island, Lek Island / Satun Province / Thailand
fish : Giant Trevally, Golden Spotted Trevally