2012年1月7日土曜日

トン島 荒磯に待つお年玉

ラウイ島の西岸を攻めようとした我々は、強い北東風と牙をむくうねりに押し返されて退散、トン島に移動した。
下の地図をクリックしてもらえれば分かるが、中央の大きい島がラウイ島。
このラウイ島西端のヤモリの手のような場所でホシカイワリを釣り、水道を横切って南西にあるトン島に移ったわけ。
南西に面し3kmにわたって続く崖下の荒磯。岸からすぐに水深60mまで落ち込む駆け上がりを擁し、期待できそうだ。
幸い強風はそそり立つ崖がブロック してくれ、うねりも小さい。島の北端の岬からキャストを開始した。
少ないが果敢なバイトが出る。乗らない。悔しい。ようやく30分後、僕に57cmが釣れた。ルアーはローデッド14cm。
雨は時に激しく、パンツまで濡れたが、風裏で寒くはない。
RIMG2061 P1010198m
おNewのロッド、ダイコーVerger(VRCS82TUNA)は、ライントラブルが皆無で投げやすい。
ゆっくり進むボートから座ったままでローデッド14cmを投げる。教科書どおりのトゥイッチ・トウィッチ・ジャーク&ストップ。
そそる動きだなと思ってると…大水柱!くそっ食い損なったな。もう一回その横へキャスト、再びガバーッと出て乗った。
いつもと様子が違ってデカそう。ツナロッドがベリーから曲がる強い引きだが周囲は岩。ドラグ締めぎみで走らせない。
タックルを信じて強引に寄せ、船べりに現れたのは見事なプラー・モン、76cm。
おぉこれぞhappy new year、嬉しいお年玉!サトゥンのトップウォーターでこのサイズのGTって…もう涙出そう。
P1010200RIMG2021g
20分後、岸スレスレに打ち込んだリップルポッパーにガツンと2回食ってきた。掛からん!本当に心臓に悪い。
岸から延べ竿で釣れる様な距離だ。同じ場所にキャスト、水面高速引きを始めるとドバーンと追撃が出た。
リップルポッパーを丸呑みしたプラー・モンは69cmと一回り小さかったが、これも十分なお年玉。たまらん。
RIMG2023RIMG2027
僕は元旦のお年玉に完全に満足し「帰ろか」モード、あとは船頭に竿を貸してキャスティングを教えたりしていた。
しかし、バディのカンパチ大王コウジさんはえらく苦戦していた。画像が無いのもそのため。
朝のプラー・モンが隅イチとなり、その後は沈黙。なんせ彼のルアーに出る魚の数が圧倒的に少ない。
さらに、雨天で排出が滞る状況での燃料過給でヘロヘロだ。土砂降りになったところでついにコウジさん船室でダウン。
トン島の西磯は屏風岩で終わり、ボートはトン島の南に並ぶ8つの小島に向かった。
ここはタイランド全土の南西一番端っこの岩であり、以前から大いに期待していた場所だ。
しかしバイト極少。強風に煽られ雨でびしょ濡れになっただけ。風裏の西磯と水道に戻って再度攻めることにした。
僕はこれ以降も十分なバイト数を貰いながら乗せきれなかったりバラしたり。やっと53cmと55cmの2匹を追加したのみ。
初めてのキャスティングで自力で2匹釣ったスレイマン船頭が「2匹!、2匹!」と子供のようにはしゃいでたのにはワロタ。
RIMG2030 RIMG2033
最後、帰途に寄ったヒン・ンガム島でキャストして、コウジさんに待望のプラー・モンがヒット。
強い引きに慎重になったが、直前のダツのアタックで傷付いていたリーダーがぷっちん。コウジさん涙の元旦納竿だ。
まあ気にしない、気にしない。コウジさんはいつもスロースターターだからさ、明日はきっと釣れるって。
place : Ko Tong / Satun Province / Thailand
fish : Giant Trevally