2011年9月26日月曜日

The Promise / Bruce Springsteen

昨年Bruceは1970年代後半の未発表曲からなるThe Promise:The Darkness On The Edge Of Town Storyをリリース。
要は没になってたのを30年以上経ってから発表したのだが、その内容のあまりの高品質は世界を驚かせるに十分だった。
そのタイトル曲がこの「The Promise」だ。「18トラックス」というアルバム未収録曲を集めた過去の作品にもピアノ引き語りのversionで収められていた曲。その時は地味な曲だなと、あまりいい印象が無かった。
しかし、今回はどうよ?って完全にノックアウトされたね。こんないい曲が有ったんだと。あぁ生きてて良かった!
the promise
ガラス細工のように繊細なイントロに導かれ、E Street Bandの重厚な演奏をバックに朗々と歌うBruceの声よ。
まだ若く艶と張りがあって素晴らしい。
しかし歌詞では、人生を掛けていたストリートレースから車を売って身を引いて以降の挫折の日々が歌われる。
1978年発表のアルバム「The Darkness On The Edge Of Town」に収録されていた名曲「Racing in the Street」と
「Price You Pay」が合体したような歌詞だ。この2曲の元歌が「The Promise」なのかも知れない。
スローで押さえぎみの曲調に、2番からはオルガンがずっしりと乗り、♪thunder road~♪のコーラスに流れ込む。
たまりませんな。いつも、何度聴いても涙が…。そしてガラスの旋律でアウトロ。おぉぉぉ…
こんな感動的な大作を30年以上も出さずにいたなんて、何と贅沢なことを。
Bruceは天才とかBossとか言われる前に、1枚のアルバム発表に賭けるの鬼のような執念で知られている。没は多いのだ。
この曲ができた当時、Bruceは訴訟に巻き込まれ、全盛期でありながらアルバムを発表できなかったという。
そんな環境と類希な才能がこの曲を生み、葬った。そして時を経て蘇ったこのThe Promise, simply awesome!