2011年8月25日木曜日

ロンピンのセイル2011 ③無魚の世界

DSCF7991 DSCF8043
3日目、結果から言うと我々3人ともボウズだった。僚船3艇でみても、11人全員セイルフィッシュボウズだった。
皆、地元客ではない。タイ、ジンバブエ、オーストラリアから大枚叩いてやってきたサラリーマンばかり。
日本チームのコウジさん、3日連続セイルフィッシュボウズ。こういうのを大惨事という。
この日は僕がキャスティング、コウジさんとLeoさんがライブベイトと分かれた。
朝一番、我々のボートは他の船と全く別のパヤオに単騎駆けし抜け出しを狙ったが、失敗だった。
他船の軍団に合流するも駄目な様子。大海原に無魚の世界が広がっているのだ。
ナブラや鳥山はあるが、プラー・トゥー(グルクン)がカタクチイワシを追っているだけで、セイルとは無関係の模様。
RIMG1373RIMG1376
僕のキャスティングには大きなサワラが2回バイトしたが掛け損なった。
ライブベイトの方はセイルもサワラも魚信皆無。餌魚さえ釣れないんだから異常だったね。
他船が1匹釣ったのを見たのと、食い気の無いセイルが悠々と我々の前を泳いでいったのがロンピンの微かなしるし。
最後に水深15m程の珊瑚礁が広がる場所に行ったが、ダツの猛攻を受けただけで終わった。
キャプテンは日本語で「ごめんなさい」と謝るし、ガイドは2011年最低の日だと言うし、こっちも萎えるだけ。
ガイドのアンソニーの話では2011年は異常だと。例年低調の3月が今年は爆釣、連日1艇2桁だったと。
だんだん釣れなくなって今が底ではないかと。そんなん言われても半年以上前に予約する我々にはどうしようもない。
思ったのは、それならソンクラン休暇にロンピン遠征がありだな、ということ。GTやらないならね。
失意のコウジさん、マイペンライ。またリベンジの機会があるって。3人でロンピンに行った事、忘れない。
RIMG1381 RIMG1382