2011年4月28日木曜日

モルディブGT遠征 ③ローデッド抜群

2日目、サファリボートは北マーレ環礁の西岸を北に向けて出発した。いきなり魚の食いが好調だ。
初日沈黙したLeoさん、朝食前だけでGT3発とバラフエダイ2匹を固め釣り。GTの大きいのは105cmあった。
Leoさんはweb通販で見つけたと言う美しいペンシルポッパー「seabird」、そしてGTγを使っていた。
RIMG1028 RIMG1030
僕はダイコーHemingwayHBGC-77BDという強力なシイラ竿でヤマリア・ローデッドというプラスチックペンシルを投げた。
これが当たった。ローデッドは裸体で75gの軽量だが尻重心の弾丸シェイプ。6号PEを背負って十分な飛距離を出す。
着水後、それはそれは魅力的な動きで次々とGTのバイトを誘い出すのだ。
RIMG1037rRIMG1046r
1匹目は強烈な水柱の後、ファーストランで一気に艫まで持って行かれたが、細身強靭な竿でぐいぐいリフトして仕留めた。
このGT、120cmの良型。サブロッドで釣っちゃった。ごめんね。
前のデッキに戻って次の一投にいきなりドッバーン!何とローデッドに2投連続GTヒットだ。
このGTも117cmと立派なサイズ。う~ん満足。たまらん。
さらに大型バラフエダイとGT3匹目がヒットした。これは偶然ではないな。ルアーの実力だ。
RIMG1049RIMG1052
屋上からキャストのコウジさん、GTに一気に走られてラインブレーク。なぜあんなにあっさり切れるのかと思ったら…
「キャスティングでPE4号は無理…」と残念そう。さよか。そりゃ細いわな。
でもコウジさんはバラフエダイを釣った。コウジさん一言、「ローデッドおそるべし!」。僕のと同じシイラホロカラーだ。
ローデッド、君は2,100円の小さな大スター。抜群だよ。メーカーの「最高傑作」という自画自賛に偽りなし、禿同。
しっかりと作り込まれたプラスチックルアーがウッドルアーを越える日が来る。これはバスルアーなどでとっくに経験済み。
手作り品を否定するわけではないが、そろそろ海のビッグルアーでもそのような時代に入りつつあるのだろう。
 RIMG1057rRIMG1055
place : Northern Malé Atoll, Maldives
fish : Red Bass, Giant Trevally