2011年2月24日木曜日

シミラン GT獲ったど~

2011.2.19のfishingのお話。
6:30起床、船は北上して第3シミラン島沖に至った。
島からは遠いが、海底から岩礁が盛り上がり潮流が渦巻く場所。
あちこちにジャッ!ジャッ!と音を立てて逃げ惑うバナナのナブラ。おぉ、願っても無いこの雰囲気、気合急上昇だ。
一番に用意を終えた僕は2階デッキに上がりダイコーHmingway HBGC-77BDで第一投をブンッ。
放たれたヤマリア・ローデッドはシュー・クイッ・クイッ・ピョコッというウッドペンシル並みの魅惑の動き。いいねぇ。
いきなり海面に大水柱が立った。「出たーっ!いきなりかいっ!」、掛かってない、もう一回シュー・クイッ・ク…
よしっ、2回目の爆発でローデッドは海面から消え去り、ゴゴーンと竿に衝撃が来た。鬼合わせ、乗った~。
おぉこれこれ、GTのファーストランだ。しっかり竿で受け止めてから甲板に降りて再ファイト。
剛竿のパワーに物を言わせてリフトリフトで無事キャッチ。GT89cm、9kg。あぁ、やっと僕にも釣れたんだな。
ちょっと小さいが、タイランドでキャスティングでGTを釣る難しさを知る人だけにその計り知れないヴァリューが分かる。
DSC02452 RIMG0858g
他の4人も俄然キャスティングに熱が入る。一部のタイ製ルアーは、飛ばなかったり塗装がはげたりで品質に難あり。
TAIYOさんの7seasポッパーの後ろで海面が爆発したが駄目。次は掛かったがすぐにバレた。
TAIYOさん、再度GTを掛け一気に潜られてファイトを開始したが、これまたフックアウトだ。残念。ぼやくことぼやくこと。
まあ、TAIYOさんは前回シミランで47kg(マジっす!)のGTを釣ってるから、100回ぐらいバラシても屁でもないだろう(爆)。
次は、1人だけ左舷に投げていた僕にまたGTが来た。またもやローデッド。プラスチック製ペンシルなのに凄いぜ。
今度はデカそうだ。ドラグが激しく逆回転する。起こしにかかったところでプチっと切れた。あっれ~、ヘナヘナ(ToT)/~。
釣師として最悪の屈辱たるライングレーク。使い込んだPE4号の一番弱った所が引きちぎられていた。めちゃくちゃ悔しい。
結び直してポッパーに替えキャストを再開するが、次はコウジさんの番だった。
ミヨシで掛けたGTについて動きながらファイト。「糞リールが巻けない!」と苦しい顔で取り込んだのは99cm、12kg。
やったねコウジさん!ルアーはタイ製のプロキック・ポッパーだった。
その後は場所を変えながら結構キャスティングで粘ったのだが、海の活性は下がるばかりだった。
結局、朝の時合いは5人で6バイト2キャッチ。悪くない。想像以上だ。本格的なGTフィッシングじゃん。
僕は「シミランのキャスティングなんてパヤオでワフー程度」と舐めててGTタックルを持って行かなかったことを悔いた。
RIMG0861gy RIMG0866gy
話は昼のジギングタイムを飛び越えて夕方のキャスティングに移る。
船頭は朝と同じ場所へ戻り、我々に「Popping!」と指示した。
船の前からミヤさん、TAIYOさん、僕、コウチャンさん、コウジさん。5人で一斉にキャストを開始した。
しかしいきなり僕のとコウチャンさんのが交錯してぐちゃぐちゃに。その後もトラブルでコウチャンさんは30分ほど出遅れ。
その間、シブキ(マグロ用ミノー)を投げていたミヤさんに待望のヒットだ。
僕はファイティングベルトを巻いてあげたり写真を撮ったり忙しい。おぉ、僕のと同一サイズ89cm、9kgだ。おめでとうミヤさん。
RIMG0882gh RIMG0885gm
他はTAIYOさんのポッパーに一回出た程度で活性低く、皆が諦めかけた頃、コウチャンさんが長いトラブルから復帰した。
コウチャンさん、15年間眠っていた竿・リール・ライン・自作ポッパーでブン投げる。
その時僕は、ガボッととライズしたGTの姿を遠目に捉えて言った。「コウチャンさん、あそこにGT居る!キャスト!」と。
その2投目、コウチャンさんのポッパーにドッバーンと出た。掛からない。下から船頭が「動きを止めるな~!」とアドバイス。
コウチャンさんポップ、魚もう一発、コウチャンさんポップ、魚三発目爆発、ガツーン、乗った~。
「巻け巻け巻け~」「バラすな~」、皆の応援の声が飛ぶ。トラブル中に体力を温存していたからか、強引な巻き取りだ。
コウチャンさん自作の肉製ギンバル(おでぶなだけとも言う)に竿尻がムニュ~っとめり込む。あのクッションで魚も萎え萎え。
長い距離を寄せてからリフト、汗かいたところでギャフが入った。ファイト時間2分。またもや89cm、9kgのGTだ。
「やった~!」と声も軽いコウチャンさん。甲板に下り、今迄の長い苦労が報われた会心の笑顔で、いっぱい記念撮影した。
RIMG0898RIMG0900
次はコウジさんのポッパーに大バイトが有ったが、追い喰い無く掛からなかった。そして日没。
2時間と結構粘った夕方キャステイングは、5人で5バイト2キャッチ。
朝夕合わせると、11バイト4キャッチ。魅力が薄れたとよく言われるシミランだが、GTのストックは侮りがたいものがあった。
但し、島から3km以内の釣り禁止という禁を破れば、高額な罰金と道具の没収が待っていることをお忘れなく。
思いをシミランに巻き戻せば、それぞれのバイトシーンが鮮やかにフラッシュバック。
タイランドでこんな経験が出来るなんて思ってもみなかった。行って良かった、本当に。
place : Ko Similan Phangnga Thailand
fish : Giant Trevally